マルティン・カセレス【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスは29日未明に飲酒運転事故を起こしたDFマルティン・カセレスに対し、罰金と一時的にトップチームから除外する処分を科すと発表した。

 同選手は28日夜に飲酒したうえで自らフェラーリを運転し、バス停に突っ込んだとされている。幸いにもこの事故で負傷者はおらず、カセレス本人にも大きな怪我はなかったようだ。

 しかし過去にも同様の事故を起こしたことがあったため、クラブは罰金処分に加えて一時的にトップチームから外すことを決めた。

 クラブ公式サイトに掲載された声明には「マルティン・カセレスが28日夜に起こした事故はクラブのイメージを損ねただけでなく、ユベントスの選手としてあってはならない違反を犯した」と記されており、飲酒運転事故に対して重大な責任がともなうと考えている。

text by 編集部