メッシ欠場のバルサ、終盤の3分間で劇的な逆転勝利…スアレスが決勝弾

写真拡大

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が29日に行われ、グループEではバルセロナとレヴァークーゼンが対戦した。

 昨シーズンの王者バルセロナは、16日に行われたグループステージ第1節のローマ戦を1−1のドローで終えた。さらに26日に行われたリーグ戦ではエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが負傷し、約8週間の離脱を強いられることになった。今節はブラジル代表FWネイマールとウルグアイ代表FWルイス・スアレスの前線に、FWサンドロ・ラミレスを加え、左サイドバックにはフランス代表DFジェレミー・マチューが入った。一方、レヴァークーゼンはリーグ戦で3連敗を喫した時期もあったが、直近の2試合では連勝を飾り、調子を取り戻しつつある。

 試合開始1分、最初にチャンスを作ったのはレヴァークーゼン。右サイドのカリム・ベララビがエリア右横から低く速いクロスを供給すると、ニアに飛び込んだハビエル・エルナンデスがダイレクトシュート。ボールはゴール右に飛んだが、ここはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが横っ飛びでなんとか弾き出した。

 一方のバルセロナは6分、ゴール前でボールを持ったスアレスが左サイドのハビエル・マスチェラーノへパス。マスチェラーノがエリア横からクロスを上げると、ゴール前のイヴァン・ラキティッチがヘディングで合わせたが、ここはGKベルント・レノの正面だった。

 レヴァークーゼンは得意のハイプレスが機能し始め、徐々にチャンスを作る。19分、ジェラール・ピケのパスをカットすると、クリストフ・クラマーがドリブルで持ち上がり、右サイドを駆け上がったケヴィン・カンプルへパス。カンプルは一度トラップしてから左足でシュートを狙ったが、ここはわずかに枠の左へ外れてしまった。

 続く22分、左CKを獲得するとハカン・チャルハノールが右足でクロスを供給する。これをニアのキリアコス・パパドプーロスが頭で合わせ、アウェーのレヴァークーゼンが先制に成功した。

 左サイドでパスを受けたベララビがエリア左横まで持ち上がると、個人技で突破を仕掛ける。切り返しでピケをかわすと、エリア左から右足シュート。これはGKテア・シュテーゲンがなんとか弾き返して難を逃れた。

 直後の39分、バルセロナが大きなチャンスを作った。エリア内左に進入したネイマールが左足シュート。相手DFに当ってコースが変わると、ボールは右ポストを直撃する。こぼれ球をサンドロが詰めたが、ここはパパドプーロスが懸命に戻ってクリア。なんとかピンチを脱した。このまま1−0でレヴァークーゼンがリードして前半終了を迎えた。

 後半立ち上がりの50分、レヴァークーゼンは決定機を迎える。右サイドのベララビがロングボールにぬけ出してグラウンダーのクロスを供給。ゴール前でフリーのJ・エルナンデスが右足シュートを狙ったが、ここは大きく枠を外してしまい、チャンスを残してしまった。続く55分、レヴァークーゼンは無得点のJ・エルナンデスを下げ、シュテファン・キースリンクを投入した。

 一方、1点を追うバルセロナにアクシデント。60分、アンドレス・イニエスタが太ももを痛めて負傷交代。替わってジョルディ・アルバがピッチに入った。続く68分にはサンドロを下げてムニル・エル・アダディを投入した。直後の69分、エリア手前右でFKを獲得すると、ネイマールが右足で直接シュート。しかし、ここはわずかに枠の右に外れた。

 続く77分、右サイドのダニエウ・アウヴェスがアーリークロスを送ると、途中出場のセルジ・ロベルトが頭ですらし、ファーサイドのネイマールがワントラップからシュート。しかし、ここは枠の左に外してしまい、得点を挙げることができない。

 ようやくスコアが動いたのは80分、バルセロナは左サイドのアルバがグラウンダーの速いクロスを送る。これをエリア内のムニルが右足で合わせたが、GKレノのセーブに防がれる。しかし、こぼれ球をS・ロベルトが押し込んでバルセロナが同点に追いついた。

 一気に流れがバルセロナに傾くと、82分に再びムニルがチャンスに絡む。右サイドでボールを受けると、ドリブルでエリア内右に進入して中央のスアレスへマイナスの折り返し。これをスアレスが右足でダイレクトシュートを狙うと、ボールはゴール右上に吸い込まれ、バルセロナがわずか3分間で逆転に成功した。

 このままバルセロナが2−1でレヴァークーゼンを下し、今シーズンのCLで初勝利を収めた。

 10月20日に行われるグループステージ第3節で、バルセロナは敵地でBATEボリソフと、レヴァークーゼンはホームでローマと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 2−1 レヴァークーゼン

【得点者】
0−1 22分 キリアコス・パパドプーロス(レヴァークーゼン)
1−1 80分 セルジ・ロベルト(バルセロナ)
2−1 82分 ルイス・スアレス(バルセロナ)