もし運転中に脳卒中や心筋梗塞が起こったら......shutterstock.com

写真拡大

 自動車運転中の急激な体調の変化による交通事故は、軽視できないほど高い割合を占めています。交通事故防止の観点から見ても、高血圧の改善が求められているのです。

 皆さんの中にも高血圧の方がいらっしゃるかと思います。高血圧とは収縮期血圧が140mmHg以上、あるいは拡張期血圧が90mmHg以上の状態を指します。

 平成23年度の国民健康・栄養調査によると、高血圧症患者は15歳以上の35.4%を占めます。しかし、高血圧の治療を受けている人は少なく、ある研究によると40歳〜74歳の高血圧の人のうち、降圧(血圧を下げる)治療を受けている人は22.9%でした。また、降圧治療を受けている人の半数以上は、血圧管理が不十分との報告もあります。

 高血圧はさまざまな疾患の発症に影響を及ぼし、特に虚血性心疾患や脳卒中の危険因子として知られています。ですから、厳格な降圧管理を行うことは、これら疾患の罹患率や死亡率低減につながるのです。

 高血圧治療ガイドラインによると、国民全体の平均収縮期血圧がわずか2mmHg低下することで、脳卒中による死者は9127人、虚血性心疾患による死者は3944人低減でき、脳卒中罹患率を6.4%、虚血性心疾罹患率を5.4%低下させることができるそうです。したがって、生活習慣の是正や治療薬を内服することによる積極的な降圧治療が求められているのです。

運転中の病気発症による事故

 ここで自動車運転と病気の発症を考えてみます。これまで、自動車事故の多くは、運転者の前方不注意などのヒューマンエラーが原因と考えられてきました。しかし、運転中の急激な体調変化によって運転操作に支障をきたし、結果的に事故につながることがあるのです。

 ある調査によると、自動車運転者の交通事故のうち、病気が原因と考えられるものは0.4〜3.4%とのこと。また、最近、フィンランドで行われた調査によると、運転者の体調変化(機能的変化を含む)が原因の事故は、全体の約1割にもなったそうです。

 では、実際にはどのような病気が多いのでしょうか。残念ながら日本では、運転中の病気発症についての公式統計がありません。ただし、職業運転者が業務中に病気を発症して運行が継続できなくなった場合、事業主がその旨を国土交通省に届出ることになっています。それを見ると、脳血管疾患(脳卒中)が28.4%と最も多く、心疾患が23.2%と続きます。さらに、これら病気を発症した人のうち36%が、発症直後に死亡していました。

 筆者は日頃、突然死の原因究明に務めていますが、自動車運転中の突然死についても調査してみました。筆者が以前に勤務していた施設で、運転中に発症した病気が原因で死亡し、法医解剖された人についての調査を行いました。その原因疾患を見ると、虚血性心疾患が71.7%と最も多く、以下、脳血管疾患と大動脈疾患が10.9%と続きました。やはり虚血性心疾患と脳血管疾患で大部分を占めていたのです。

 さて、運転中に病気が発症するとどうなるか。前記の職業運転者の病気発症では、運転者が病気を発症した直後に事故につながったケースがなんと64.7%もありました。やはり、急に病気が発症したり体調変化が起こると、思うように自動車が操作できなくなるのです。筆者は前記の記録から、病気発症直後に運転者がハンドルを切る、あるいはブレーキを踏むといった行動がとられていたかを確認しました。その結果、73.5%の事故で回避行動が取られていませんでした。

高血圧を治療することで交通事故死傷者が低減できる

 心疾患と脳血管疾患が、運転中の病気発症の2大原因であることはご理解いただけたと思います。交通事故死傷者を低減するためには、この2大疾患の発生を予防しなければなりません。そのカギを握るのが血圧です。

 高血圧は、虚血性心疾患や脳血管疾患における最大の危険因子です。そして、若年者から高齢者まで、血圧が高い人ほど循環器系疾患の罹患率や死亡率が高いのです。したがって、高血圧を治療して至適レベル(理想的なレベル)に保つことは、病気の発症を予防し、交通社会の安全を確保する上でも重要なのです。事実、運転中に突然死した人の病歴を調べたところ、高血圧が最も多くを占めているのです。

 冒頭でもお話ししましたが、高血圧の人の大部分は治療が行われていないか、あるいは不十分な管理状態であるため、血圧を適正な状態に保つことが求められます。特に職業運転者は、公共交通の中核を担い、かつ運転頻度が高いので、事故予防に一層の配慮が求められます。職業運転者は運転に従事する時聞が長いことから、必然的に運転中の病気発症頻度も高くなります。さらに職業運転者は、長時間安全に自動車を運転させるという、精神的かつ肉体的ストレスにさらされています。したがって、より一層、疾患の発生予防に取り組む必要があるでしょう。

 まず、簡単に始められる予防策は何か? それは塩分を控えること。1日当たりの食塩の摂取量を3g低下させることで、収縮期血圧が1〜4mmHg低減できるといわれています。国民の収縮期血圧が2mmHg低下することで、心疾患と脳血管疾患になる人を5%以上減らすことができるのですから、有効なことです。

一杉正仁(ひとすぎ・まさひと)
滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授。厚生労働省死体解剖資格認定医、日本法医学会法医認定医、専門は外因死の予防医学、交通外傷分析、血栓症突然死の病態解析。東京慈恵会医科大学卒業後、内科医として研修。東京慈恵会医科大学大学院医学研究科博士課程(社会医学系法医学)を修了。獨協医科大学法医学講座准教授などを経て現職。1999〜2014年、警視庁嘱託警察医、栃木県警察本部嘱託警察医として、数多くの司法解剖や死因究明に携わる。日本交通科学学会(理事)、日本法医学会、日本犯罪学会(ともに評議員)など。