ジャコモ・ボナベントゥーラ【写真:Getty Images】

写真拡大

 大型補強を敢行したミランだが、今季もシーズン序盤から苦しい戦いが続いている。現在3勝3敗で11位につけており、なかなか勝ち点3を積み重ねられていないのが現状だ。

 一方で他のビッグクラブも厳しいシーズンを送っている。王者ユベントスはわずか1勝しか挙げられず15位に沈み、昨季2位のローマも6位。インテルは5勝1敗で2位にいるが、首位にはフィオレンティーナが躍り出た。

 それでもミランのジャコモ・ボナベントゥーラは優勝を諦めていない。クラブ公式TV『ミラン・チャンネル』のインタビューに応じた同選手は「まだ今はどのチームも順位表を支配しているとは言えない」とシーズンが始まったばかりであることを強調した。

 そして「全てのチームに悪いゲームがあった。僕らは信じ続け、試合の中で問題解決に取り組まなければならない。選手たちに加え、僕らを頂点に導いてくれるミハイロビッチ監督がいるからね」と、今季からチームを率いる指揮官への信頼を語った。

 勝ったり負けたりを繰り返しながら、徐々にチームとしての形が固まりつつあるミラン。ここ数年の不振を引きずることなく、上位に食い込むことはできるだろうか。

text by 編集部