Doctors Me(ドクターズミー)- 日焼けが原因?H・ジャックマン、3度の皮膚がん治療。「皮膚がん」ってどんな病気?

写真拡大

少年時代は真っ黒だった。日焼け止めの重要性を呼びかける!

俳優のヒュー・ジャックマンは、昨年、3度目の皮膚がん治療を受けていました。オーストラリアで育ち、少年時代は真っ黒に日焼けしていたことがあるそうです。おかげで現在は日焼けに関して敏感になり、自分自身や子供にも、日焼け止めを塗ることを徹底しているのだとか。

また、皮膚がんとは、皮膚に起こる悪性腫瘍のことです。部位により名称が異なるので、詳しく見てみましょう。

皮膚がんとは?

皮膚に起こる悪性腫瘍です。
できる部位により名称が異なり、以下3つなどがあげられます。

・表皮の有刺層が蝕まれる「有刺細胞がん」
・基底細胞などが蝕まれる「基底細胞がん」
・汗の分泌に関連する細胞が蝕まれる「パジェット病」

どのような症状なのか?

皮膚がんの種類によって見た目、症状はさまざまです。

<有刺細胞がん>
・イボ状の赤い腫瘤
・悪臭を放つ場合もある

<基底細胞がん>
・目、鼻の周囲、耳などに発生しやすい
・ホクロに似た形状
・蝋のような光沢をもつ腫瘤が見られます。

<パジェット病>
・腋や陰部など、汗をかきやすい部分に発生する
・皮膚表面がかさぶたのように赤く湿った状態になる

原因はどんなことが考えられるのか?

種類により、下記などの原因が考えられています。

<有刺細胞がん>
・紫外線からの刺激
・ボーエン病や日光角化症から発生する有刺細胞がん
・火傷や外傷

<基底細胞がん>
・紫外線からの刺激
・放射線による刺激
・火傷の跡

<パジェット病>
アポクリン腺付近に生じた表皮がん

皮膚がんにならないよう、どんなことに気をつければ良いの?

予防のためには、原因である紫外線からのダメージを防ぐことが必要です。外出の際は帽子や日傘を使ったり、日焼け止めを塗ったりするなどの対策をたてましょう。
パジェット病の原因は不明ですが、一般的にがんの予防には、適度な運動やバランスのよい食生活が必要とされ、タバコを吸わないことや塩分をとりすぎないことも推奨されています。