「村上華岳 −京都画壇の画家たち」が山種美術館で開催 - 重要文化財・華岳の《裸婦図》など展示

写真拡大

山種美術館で「特別展《裸婦図》重要文化財指定記念 村上華岳 −京都画壇の画家たち」が開催される。期間は、2015年10月31日(土)から12月23日(水)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

本展は、2014年に山種美術館が所蔵する《裸婦図》が、村上華岳の作品として2件目の重要文化財に指定されたことを記念し、開催される。華岳が画家として頭角を表した初期の試みから、理想とした「久遠の女性」を描いた《裸婦図》の完成、その制作過程を明らかにする。《裸婦図》をひとつの到達点として、代表作19点(※会期中一部展示替あり)を揃え、彼の画業を辿る。

また、村上華岳の作品に加えて、彼が仲間と共に結成した新鋭の画家たちの団体「国画創作協会」の参加メンバーの作品が集結。美工・絵専時代の師でもある竹内栖鳳の《班猫》(重要文化財)のほか、同級生の土田麦僊、小野竹喬、岡本神草らの作品なども展示する。

【開催概要】
【特別展】 《裸婦図》重要文化財指定記念 「村上華岳 −京都画壇の画家たち」
開催期間:2015年10月31日(土)〜12月23日(水・祝)
前期:10月31日(土)〜11月23日(月・祝)
後期:11月25日(水)〜12月23日(水・祝)
※会期中、一部展示入替えあり。
開催場所:山種美術館
住所:東京都渋谷区広尾3-12-36
休館日:月曜日 ※11月23日(月・祝)は開館、11月24日(火)は休館
入館料:一般 1,200円(1,000円)、大高生900円(800円)、中学生以下無料
※価格は全て税込。
※()内は20名以上の団体料金、および前売り料金。
※障害者手帳、被爆者手帳の提示で本人及び介助者1名が無料。
※リピーター割引:本展使用済入場券(有料)の提示で、会期中入館料が団体割引料金。(1名1枚につき1回限り有効。)
※きもの割引:会期中、着物で来場すると団体割引料金適用。

【問い合わせ】
ハローダイヤル
03-5777-8600 (受付時間 8:00〜22:00)