ジョゼ・モウリーニョ監督とイケル・カシージャス【写真:Getty Images】

写真拡大

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、29日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ポルト戦を前にスペイン代表GKイケル・カシージャスについて語った。28日にイギリス『BBC』が報じている。

 モウリーニョ監督は、レアル・マドリーを率いていた2010/11シーズンから2012/13シーズンまでの間にカシージャスを指導した経験があるが、意見の食い違いから衝突することが度々あった。その後、険悪なムードのまま別れたが、モウリーニョ監督は次の試合でカシージャスと挨拶する構えを示したようだ。

「カシージャスについて聞きたいのか。私は最初と最後に彼と挨拶するつもりだよ。だから、それについての多くの質問は受け付ける気はない」

 今夏ポルトへ移籍したカシージャスは今季公式戦7試合に出場している。CLのディナモ・キエフ戦では引き分けに終わり、ポルトはグループリーグでチェルシーより一つ下の順位につけていた。果たして、両者の険悪なムードは直接対決をきっかけに解消されるのだろうか。

text by 編集部