カシオ計算機「OCW-G1100」

写真拡大

カシオ計算機は、フルメタルの電波ソーラー腕時計「OCEANUS(オシアナス)」シリーズの新製品として、「OCW-G1100」を2015年10月23日に発売する。「Elegance, Technology(エレガンス、テクノロジー)」をコンセプトに、美しいデザインと先進の機能を兼ね備えたモデルを追求したという。

ブルーサファイアを針軸に配したOCEANUSシリーズの新製品

デザイン面では、オシアナスシリーズのブランドカラーであるブルーをメインに使用した。傷が付きにくいサファイアガラス製ベゼルには、世界共通の標準時であるUTC(協定世界時)との時差のプラス部分にブルー、マイナス部分にブラックをカラーリング。「暗闇の中に広がる神秘的な青の輝き」を表現したという。

秒針の針軸には再結晶ブルーサファイア(京セラ製)を配し、文字盤上にも色調が異なる3つのブルーを施すなど、ブランドカラーが随所にちりばめられている。

機能面では、「GPSハイブリッド電波ソーラー」を搭載。世界6局の標準電波と、GPS衛星からの位置・時刻情報の双方を受信するハイブリッド仕立て。GPS電波が入らない屋内で標準電波を受信し、標準電波インフラの無い場所ではGPS電波を受信するので、世界中どこでも正確な時刻を取得できる。

メインのダイアルには現在地の時刻(ホームタイム)、文字盤上の6時位置のダイアルには世界27都市(40タイムゾーン、サマータイム自動設定機能付き)のいずれかの時刻(ローカルタイム)を表示できる。新開発の「デュアルコイルモーター」により、ワンプッシュでホームタイムとローカルタイムの位置を素早く入れ替えることもできる。海外旅行・出張などの際の実用性が高そうだ。

メーカー希望小売価格(税別)は23万円。