本場バレンシアの味を楽しめる「バレンシア風パエリア 」など、本格パエリアが勢ぞろい!

写真拡大

スペインの国際コンクールでチャンピオンに輝いたパエリア専門店「MIGUEL y JUANI(ミゲルフアニ)」が11月中旬、新宿タカシマヤ タイムズスクエア レストランズ パーク13階にオープンする。

【写真を見る】パスタで作るパエリア「フィデウア」も提供。写真は「魚介のフィデウア」

同店は、“スペイン料理若手No.1”と評される料理人の1人である、パコ・ロドリゲス氏が手がけるレストランブランド。パコ氏は、パエリアの世界大会「スエカ国際パエリアコンクール」で2014年に優勝を果たした他、数々のコンクールで受賞している実力者だ。

今回の日本1号店では、「バレンシア風パエリア」や「魚介のパエリア」といった本格パエリアはもちろん、日本では珍しい、パスタで作るパエリア「フェデウア」も多数用意。その他にも、スペイン産の生ハムをはじめとしたタパス(小皿料理)やワインを取りそろえ、魅力あふれるラインアップとなっている。

また、店内には現地から取り寄せたタイルをあしらい、スペインらしい空間を演出。料理だけでなく、本場の雰囲気も合わせて堪能できる。

パコ氏によると、日本でなじみのあるパエリアは、地元で提供されるものとは大きく異なるのだとか。スペインのパエリアは水分を含まず、米の歯ごたえがしっかり残る。まさに”米のアルデンテ”という表現が適しているという。

世界一のパエリアが味わえる貴重な専門店とだけあり、注目を集めること必至!今からオープンを楽しみに待ちたい。【東京ウォーカー】