寝る前のスマホチェック、録画した番組消化、ゲーム、メールや電話のやり取り……。時間っていくらあっても足りませんよね。でも夜更かしばかりしていると、どんどん老化が早まるんですよ。

最近、髪が伸びるのが早くないですか?

しょっちゅう切っているのに目にかかる前髪、美容室に行くと「伸びるの早いねぇ」と言われる。この前切った爪がもう伸びてる。心当たりはありませんか? きちんと睡眠をとっているのなら問題ありません。でも夜更かしさんなら要注意。必要以上に細胞が成長して、老化が早まっているのかもしれません。

夜間なのに細胞が成長してしまう

生物には体内時計というのがあって、夜になると身体を休めて疲れを取ったり、ホルモンを分泌したりしています。目覚めて日の光を浴びると、身体や脳が起きて活動モードになります。しかし現代は夜間でもお店は開いていて、テレビも放映されている。眠らなくても良い環境になってしまっています。木や花であっても、光を浴びせ続けると夜間に休むことを忘れてしまい、成長し続ける代わりに早く枯れてしまうそうです。人間も同じこと。夜間に明るくして起きていることで、休むべき細胞が成長してしまい、髪や爪が早く伸びているという事態になっているのです。夜更かししている人は、きちんと眠っている人に比べて見た目や脳年齢が6.5歳も老けてしまうことが、テレビでも話題になりました。

睡眠は時間よりも質を大切に

睡眠といっても長い時間眠れば良いというものではありません。睡眠は質が大切。夜間にしっかり睡眠をとらないと成長ホルモンやメラトニンといったホルモンの分泌が上手くいかなくなります。メラトニンが減ると、起きている間もぼーっとなるばかりでなく、うつ症状まで出てくることも。成長ホルモンは「若返りホルモン」とも呼ばれていて、肌の再生や修復を促しているのですが、きちんと眠らないと分泌されません。その結果、肌のターンオーバーが悪くなり、お肌もボロボロに……。夜間は暗くして、深い眠りにつけるようにしましょう。朝はなるべく光を浴びて、身体を起こしてあげることも大切です。


writer:しゃけごはん