元同僚のC・ロナウドを称賛したハビエル・エルナンデス【写真:Getty Images】

写真拡大

 昨季はレアル・マドリーでプレーしたメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが、スペイン紙『マルカ』のインタビューに応じ、元チームメイトであるFWクリスティアーノ・ロナウドを誉め称えた。

 現在はブンデスリーガのレバークーゼンに所属する“チチャリート”(エルナンデスの愛称)は、「常に周りの選手たちから学んでいる。マドリーのようなチームでは良い選手がたくさんいるので尚更だね。クリスティアーノからはたくさんの事を学んだよ。彼の競争心、そして常に“最高”であろうとする意欲には感心するね」とC・ロナウドを称賛した。

 マンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍でマドリーに加入したチチャリートは、出場機会が限られながらも公式戦33試合で9得点を記録。新天地となったレバークーゼンでは、5試合で2得点を奪っている。

 元同僚から学んだ姿勢を、ドイツの地でも実践しているようだ。

text by 編集部