火星にいまも「水」がある──生命は、植民地化は?(動画あり)

写真拡大

米航空宇宙局(NASA)は、液状の水が火星に存在することを示す強力な証拠を発見したと発表した。火星での生命発見や植民地化に向けた期待が高まりそうだ。

「火星にいまも「水」がある──生命は、植民地化は?(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

米航空宇宙局(NASA)などの科学者チームが、液状の水が火星に存在することを示す強力な証拠を発見したと発表した。生命の源である、光り輝くH2Oだ。

科学者たちが調査しているのは、火星の急斜面に見られるRSL(Recurring Slope Lineae:繰り返し現れる斜面の筋模様)と呼ばれる地形だ。液体が、頬をゆっくり伝って流れる涙のように流れ落ちた跡と見られる地形であり、ここには塩が堆積している。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN perspective_12-1024x5131-1024x513

1/3火星のさまざまな斜面には、夏になると、このようなRSL(Recurring Slope Lineae:繰り返し現れる斜面の筋模様)が生じる。

perspective_6-1024x5321-1024x532

2/3Garniクレーターの壁に見られるRSL(Recurring Slope Lineae:繰り返し現れる斜面の筋模様)。数百mにわたって続いている。

perspective_8-1024x5321-1024x532

3/3ホロウィッツ・クレーターに見える筋模様。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN perspective_12-1024x5131-1024x513

火星のさまざまな斜面には、夏になると、このようなRSL(Recurring Slope Lineae:繰り返し現れる斜面の筋模様)が生じる。

perspective_6-1024x5321-1024x532

Garniクレーターの壁に見られるRSL(Recurring Slope Lineae:繰り返し現れる斜面の筋模様)。数百mにわたって続いている。

perspective_8-1024x5321-1024x532

ホロウィッツ・クレーターに見える筋模様。

2010年に初めてRSLを発見した、ジョージア工科大学のルジェンドラ・オジハによると、惑星科学者たちは、この筋模様が水の流れによって形成されたという仮説を立てていたが、これまでには具体的な、鉱物学に基づく証拠はなかったという。

『Nature Geoscience』オンライン版に9月28日付けで発表された新しい論文では、オジハ氏の研究チームが、火星の表面を流れる液体の水がこれらの筋模様を形成したことを示す、確からしい証拠を得たと論じている。

オジハ氏のチームは毎年、火星の夏に、この筋模様の幅が週を追って広くなり、冬になるとゆっくりと消えていくのを観察した。これは、液体の水が火星に存在するための適切な条件である時期と場所に一致している。さらに、この部分の地表は塩に覆われている。水は、かなり濃い塩水であるため、低温や高温でも液体のかたちをとり続けていると考えられている。

ただし、研究チームが水の存在を直接観察したわけではない。チームは、火星探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)」に搭載された分光計「CRISM」からデータを取得したが、もどかしいことに、MROが火星の地表を観察するのは毎日午後3時だけだ。この時間は火星の気温が最も高くなって乾燥するため、地表に浸み出てきた液体の水は、MROが観察するときにはすっかり蒸発している。ただ、地表にある塩を分析したところ、その結晶構造が、水分を含んでいたものであることがわかったという。

水がどこから現れるかについてはわかっていない。火星内部にある氷が融けて浸み出ているのかもしれないし、地下で網状に広がる帯水層が地表に水を送り出しているのかもしれない。現時点でNASAが好んで使う説明は「潮解」で、塩が火星の大気から水分を取り込むことによって液体の水ができるとしている。

理由はどうあれ、これは火星に生命を維持する能力があることを示す、胸が躍るような証拠だ。地球に住む人間が火星を植民地化する方法を見つけさえすれば、人間も住める可能性がある。

H2Oを構成する水素と酸素は、入植者の水分補給や温室の植物の水やりだけでなく、ロケット燃料の製造などにも利用できるだろう。

さらに、2020年に予定されている次世代の火星探査車では、生命を探す対象として最適な場所を絞り込み、これらの場所でサンプルを収集することが可能になると期待されている。

関連記事映画『オデッセイ』に登場する、NASAが研究する9つの技術

TAG

MarsNASAVideoWaterWIRED US