期間限定「極豚」(830円)。超濃厚豚骨スープに、しっかりした歯ごたえの低加水麺がマッチ。秘伝の肩ロースチャーシューとも相性抜群だ

写真拡大

北海道では抜群の知名度を誇り、全国に130店舗以上を展開する「ラーメン山岡家」。ガツンと来る濃厚な豚骨スープが自慢の同店では、さらに濃厚な味わいの「極豚(ごくとん)」を、9月17日から期間限定で提供している。

【写真を見る】「極豚」に、味付け玉子をトッピングした「極豚 味玉付き」(920円)も期間限定で登場

「ラーメン山岡家」といえば、大量の豚骨を丸3日以上煮込み続けて作る濃厚な豚骨スープが最大の特徴だが、この「極豚」には、定番のスープに、粉砕した豚骨ペーストを加えた“超濃厚豚骨スープ”を使用。麺も、豚骨の旨味が極限まで凝縮されたスープに合うよう、スープがしっかりと絡む専用の低加水麺が開発され、スープに負けない、しっかりとした歯ごたえが楽しめる。

この他、レギュラーメニューも、醤油、味噌、塩、特製味噌、辛味噌、期間限定商品だったものがレギュラー化したプレミアム塩とんこつまで、全29種類を用意。

ゴマダレであえた白髪ネギをふんだんにトッピングした「ネギラーメン」や、毎日継ぎ足しながら使い続ける特製のタレに漬け込んだ手作りチャーシューが5枚も入った「ネギチャーシューメン」もオススメだ。【北海道ウォーカー】