写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは9月28日、品川シーズンテラスにて「ランニングビューティキャンペーン」の体験&試食会を開催した。イベントではエクササイズ機器「ビューティトレーニング(ラン・ウォーク用ウエスト) ES-WB60」(以下、ES-WB60)の体験のほか、トレーニング後に最適なアスリート食が振る舞われた。

○ビューティトレーニングが無料で使えるチャンス

今回の催しは、9月28日から12月10日まで行われる「走って、引き締めて、美味しい! 品川ランニングビューティキャンペーン」の先行体験会。キャンペーン期間中は、品川シーズンテラスにあるランナーサポート施設「10over9 RUNCUBE 品川シーズンテラス」にてES-WB60を無料でレンタルできる。さらに、同施設内にある「鹿屋アスリート食堂」では、鹿屋アスリート食堂とパナソニックの共同開発による、スポーツ栄養学にもとづいた「ビューティトレーニング定食」を限定発売する。また、10月23日と11月6日、11月20日は、ES-WB60とビューティトレーニング定食を楽しめるランニング会も開催予定だ(各回定員15名)。

先行体験会では、ライフスタイルデザイナーの栗原冬子氏と、パナソニック アプライアンス社 コンシューマーマーケティングジャパン本部 スモールアプライアンスグループ ビューティ・ヘルスケアチーム 主事 岡橋藍氏、鹿屋アスリート食堂の管理栄養士である臼井里佳氏の3名が、対談形式でES-WB60やビューティトレーニング定食について説明をした。

○走りながら効率的に腹筋トレーニング

対談では、まずはじめにES-WB60について説明。ES-WB60は、ランニングやウォーキング中のウエストの「ひねり」を検出し、伸びている筋肉に電気刺激を与えるEMSエクササイズ機器だ。伸びようとする筋肉を電気刺激で収縮させるため、走る、歩くといった動作に通常よりも大きな負荷をかけられる。そのため、効果的に筋肉をトレーニングができ、ウエストのくびれ作りに有効なのだという。

岡橋氏いわく、今までも「筋肉を一定のリズムで刺激するだけ」のEMS機器はあったが、ES-WB60は使用者の筋肉の状態をセンシングする。筋肉が「伸びる」タイミングに合わせて電気刺激を与えるのは、ES-WB60だけ。効率的にウエストをしぼるには、有酸素運動と筋肉トレーニングの両方が重要だそう。しかし、パナソニックの調べによると、ランニングなどの有酸素運動は得意だが、腹筋などの筋トレは苦手という女性が意外に多い。ES-WB60を使用すれば、ランニングやウォーキングをしながら腹筋と同じ負荷をかけられ、効率的にお腹まわりを引き締められるという。

○実際にES-WB60を体験!

いよいよES-WB60を実際に体験する。ES-WB60は、4つの粘着パットを搭載したウエストベルト部と、リモコンコントローラー、そしてセンサー部で構成されている。リモコンとセンサー部は取り外し可能で、汗で汚れやすいベルト部は水洗いもできる。

ベルト内側にあるピンクのマークを自分のヘソに合わせ、面ファスナーを締めて装着。さらに、サイドベルトで締めるので、ベルトがピッタリと身体にフィットし、大きく動いてもずれにくい。最後に、センサー部をベルトわきのポケットにはさめば装着完了だ。

リモコンで選択可能なモードは、「ラン」「ウォーク」「ツイスト」のほか、一定リズムで筋肉を刺激するだけの「センサーオフ」。今回は軽く歩く運動ということだったので「ウォーク」を選択した。モード選択後はEMSの刺激の強さを、1〜50までの50段階で選べる。筆者は「3」でピリピリとした感覚をおぼえ、「20」だと強くわき腹を刺激されるように感じた。さらに徐々にレベルを上げたが、筆者は「35」あたりが刺激の限界だった。人によって刺激の感じ方は異なり、低周波の刺激に慣れていたり、脂肪が厚い人ほど強いレベルでも刺激を感じにくいという。参加者のなかには「7」で限界という人もいれば、最大レベルの「50」でも平気というツワモノも。ちなみに、ES-WB60は低周波に中周波を加えており、通常の低周波だけのEMSと比較すると不快な刺激を与えにくいとのことだ。

実際にウォーキングをしてみると、動きに合わせて「ビビビ」という断続的な刺激や、「ビー」と長い刺激などがわき腹に伝わる。あまり広くはない敷地内を数分間歩いただけで、身体はまったく疲れていないにもかかわらず、腹部だけは腹筋運動をしたような疲労感があり「これは効いている」と実感できた。使用時間は1日30分まで。効率的に筋肉を付けるには、毎日使用するよりも1週間に2〜3回程度のトレーニングが有効だという。

○美しい身体を作るビューティトレーニング定食

管理栄養士の臼井氏いわく、美しい身体作りには、運動だけでなく食も重要。そこで、今回のキャンペーンでは、運動後に最適な栄養バランスの「ビューティトレーニング定食」を開発した。今回のイベントではこの定食の試食会も行われた。

試食会で提供されたのは、9月28日〜11月3日まで発売予定の「秋メニュー」。ビタミンの多い「かぼちゃとスモークサーモンのサラダ」、美容に良いとされるビタミンやミネラル、カルシウムが豊富なアーモンドミルクを使用した「豆腐とキノコのアーモンドミルク煮」、そして、パナソニックビューティのカラーであるピンクをイメージした「蒸し鶏のピンクグレープフルーツソース」は、グレープフルーツに含まれるクエン酸で、疲労回復を促進してくれる。

さらに、ご飯には独自ブレンドの「アス米(アスリート米)」を使用。キヌアなどの鉄分や食物繊維が豊富な雑穀をブレンドしている。雑穀をよく噛むと栄養素が吸収されやすくなるため、ご飯はかために炊くなどの工夫をしているという。

(倉本春)