用途や目的に応じて自由に仕様選択できるBTOパソコン

写真拡大

エプソンダイレクト(長野県松本市)は、ミニタワーパソコン「Endeavor(エンデバー) MR7400」受注販売を2015年9月下旬に始める。

Windows 10 Home/ProのほかWindows 7 Professionalも選択可能 豊富なBTOメニュー

CPUは定格4GHz動作のi7-6700Kをはじめとした第6世代インテルCore i5/i7プロセッサーを用意。メモリーは高速アクセス・低消費電力のPC4-2133 DDR4 SDRAMを採用、大容量データを扱うニーズに応える最大容量64GBに対応する。本体ケースは拡張スロット×4、ストレージベイ3基など、様々な拡張ボードの装着に対応。目的や予算に応じてユーザーが仕様を選択できる豊富なBTOメニューを用意する。

OSは最新のWindows 10 Home/Pro(いずれも64bit版)のほか、ビジネスユース向けにWindows 7 Professionalも選択できる(Windows 10 Proダウングレード)。ストレージはHDD(ハード・ディスク・ドライブ)のほか、高速データ転送を実現するPCI-Express x4対応M.2 SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)、HDD障害に備えたRAID1キットなどを用意。GPU(グラフィック・プロセッサー)は内蔵ビデオのほか、3Dゲームなどに適した「NVIDIA GeForce GTX」シリーズや、OpenGL対応CAD/CG利用に適した「NVIDIA Quadro」シリーズをラインアップ。電源容量は一般用途向けの350ワット、高性能GPUなど消費電力の大きな機器増設に対応する650ワットの2種類から選択可能だ。

基本構成価格は10万2400円〜(税別)。