「ワイスピ」ラストは三部作に、ヴィン・ディーゼルが構想明かす。

写真拡大

ヴィン・ディーゼルが、「ワイルド・スピード」シリーズの最終作品が三部作であることを明かした。

現在同シリーズ第8弾作品の監督を探しているヴィンは、最終作品が三部作になることを自身のFacebookで明かし、「ユニバーサルは本当に良くしてくれていて、僕のビジョンを信じてくれているんだ。彼らはまさに家族のようだよ。このシリーズの終わりに向けて三部作を贈りだすことを彼らに約束したんだ」とつづっている。

また、次回作の監督選びが難航していると言われていることについてヴィンは次のようにコメントした。

「『ワイルド・スピード』のファンたちは世界で一番なんだ。2008年からこの作品のプロデューサーになってみんなと一緒に歩んできたんだ。みんながたくさんのフィードバックをくれたことに感謝しきれないよ。ありがとう」
「僕のプロデューサー仲間であるニール(H・モリッツ)は僕に監督をとにかく選んで欲しいみたいだけど、これはシリーズにとってとても特別なんだ。だから慎重にやらなければいけない。はっきりさせておくけど、第8弾に関しては脚本を見たことがある人がいないのはもちろんのこと、監督は誰にもまだオファーしていないんだよ」