ジャニーさんの一声で決定、Snow Man・岩本のハチマキ姿にドキッ
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 スポーツの秋がやってきました。

 運動会などで、汗を流す男性を見る機会も増えるのではないかと思います。では、「ここぞ!」というとき、気合いを入れるために日本男子が締めるものといえば何でしょう? 四文字です。

……え?「ふんどし」?

 ブブーッ! 正解は「ハチマキ」です!

◆ハチマキ姿はある意味ジャニーズならでは

 一般人がハチマキを巻くとしたら、前述の運動会など極めてシチュエーションが限られますが、ジャニーズにとってのソレは、ある意味マストアイテム。帽子やサングラスで頭を飾るタレントは珍しくありませんが、額にギュギュッとハチマキを締めて現れるのは、ある意味ジャニーズならでは。

 先日、大好評のうちに幕を閉じたミュージカル『少年たち』でも、ジャニーズJr.たちの気骨あふれるハチマキ姿を拝むことができました。

『少年たち』は、とある刑務所を舞台に若者たちの対立と葛藤、そして友情を描いた物語ですが、本作でリーダー的な少年・岩本を演じた岩本照さん(Snow Man)が、大変凛々しいハチマキ姿を披露していたのです。

 長身で細面、涼しげな目元と三拍子揃った彼に、クールなグリーンのハチマキは実によく似合っていました。岩本さんが動くたび、うなじに垂れた結び緒がスッとなびき、なんだか切ない気持ちになったものです。

◆ジャニーさんの鶴の一声で決定

 そういえば、『少年たち』では、ジャニーさんの発案で衣装を帽子からハチマキに変更した、というエピソードがあるそうです。

「ハチマキは日本のもの。日本人のハチマキ姿はカッコいい。日本の文化を守ってほしいですから」というのが理由だそうですが、「さっすがー!」と言わずにはおれません。

 日本男子のハチマキ姿に感応してときめき揺れる、大和撫子の恋心。このへんを知りつくした上でのオペレーションでしょうから、ジャニーさん、本当にアッパレです。

◆ハチマキは先輩が後輩に託す夢のバトン

 本舞台のショータイムでは、岩本さんのみならず、神風のごとくワイルドに跳び、舞い、歌うSnow Manのアクションも楽しむことができました。彼らの額に輝くのは、大和魂が宿ったかのような白ハチマキです。

 人気のジャニーズJr.といえど、デビューへの道は遠く険しい。しかしながら、Snow Manは必ずや雄々しく自らの道を拓いてみせるのではないか? そんな予感が、胸に刻まれました。

 思えば、マッチも、少年隊も、光GENJIも、ジャニーズのスターたちはキリリとハチマキを結んでステージを駆けていたもの。ハチマキは、先輩が後輩に託す夢のバトンなのかもしれません。

「ハチマキした男なんて、魚河岸の大将か寿司屋の板さんしか見てないわぁ」というそこのアナタ。明日のスターとなるジャニーズのハチマキ男子たちを、ぜひチェックしてみませんか?

【ザ少年倶楽部】公式サイトhttp://www4.nhk.or.jp/shonen/ ジャニーズJr.のパフォーマンスが楽しめる歌番組。NHK BSプレミアムにて、毎週水曜20時〜放送中!

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。著作に『ジャニヲタあるある+』『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)、『ジャニヲタ談話室!』(イースト・プレス)、『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『パンダフルワールド』(アスペクト)など。『Gina』(ぶんか社)にて、「だてにジャの世は見てねぇぜ! ジャニヲタ魂!!」連載中。ジャニヲタ歴は、約20 年。グループを問わず応援する”事務所担”。mixiコミュニティ”ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru
●公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』