ロッテ・伊東監督と西武・田辺監督【写真:編集部】

写真拡大

残り試合が多いロッテだが、西武が2勝0敗なら1敗しか許されない

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)進出争いが激化している。

 4位・ロッテが28日の3位・西武との直接対決(西武プリンスドーム)で4−2で快勝。西武とのゲーム差を0・5差に縮めた。

 西武は残り2試合。31日からのオリックス2連戦(京セラドーム大阪)が最後だ。一方、雨天中止が多かったロッテは30日から7連戦。30日、10月1日の日本ハム戦(札幌ドーム)、10月2日から楽天2連戦(QVCマリン)、同4日から日本ハム2連戦(QVCマリン)、同6日の楽天戦(コボスタ宮城)と7試合が残されている。

 西武が2勝0敗なら勝率5割7厘。ロッテは6勝1敗で勝率5割1分4厘と上回ることが出来る。西武1勝1敗となると、ロッテは4勝3敗なら勝率5割で並ぶが、直接対決で13勝11敗1分けと勝ち越しているため、勝ち抜けとなる。

 どちらが有利なのか? 残りカード、球場の相性で占った。

オリックスに勝ち越している西武が2勝で重圧かけられるか

(1)対戦相手

 西武はオリックスに14勝9敗とカード勝ち越しを決めている。一方で、ロッテは最下位・楽天に11勝11敗、日本ハムには8勝13敗と、どちらにも苦戦。西武がシーズン通りの強さをオリックスに見せられれば、ロッテにはプレッシャーとなる。

(2)球場

 オリックスに大きく勝ち越している西武だが、京セラドーム大阪では2勝3敗。ロッテは4試合が残るQVCマリンで35勝32敗、2試合が残る札幌ドームでは3勝2敗と勝ち越し。1試合のコボスタ宮城で5勝7敗と負け越している。西武が京セラドーム大阪でどれだけ力を見せられるか、ロッテが本拠地で本来の力を発揮できるかがカギとなる。

 最終戦は西武が1日で、ロッテは6日。かなりの“時差“がある。西武ナイン、ファンにとっては、しばらくロッテの戦いに注目する日々が続きそうだ。