フォルクスワーゲンが崩壊したとき、ヨーロッパも苦境に陥る

写真拡大

9月18日、米環境保護局は、フォルクスワーゲンと傘下アウディの一部ディーゼルエンジン搭載車が、排ガス規制に関する試験をクリアするために違法ソフトウェアを使用したと発表した。この行為が同社のイノヴェイションに、あるいはドイツ、さらにはヨーロッパ全体の経済に及ぼす影響について、「最良」「最悪」の2つのケースを考察する。

「フォルクスワーゲンが崩壊したとき、ヨーロッパも苦境に陥る」の写真・リンク付きの記事はこちら

数十億ドル規模の企業が大衆を煙に巻き、排ガスを出す自動車がまるで環境に優しいかのように思わせる。そして、“母なる地球”を愛する研究者たちが、その企業の詐欺を暴く。悪は滅んで正義が勝つ、お決まりのエンドロールだ。そんなものはディズニー映画でしかありえないような筋で、現実はそれほど単純ではない。

自社の排出量削減技術に関して、米環境保護局(EPA)を欺いたフォルクスワーゲンの試みが、複雑な事態を招いている。

フォルクスワーゲンによるクリーンエア法の違反と、それに対するEPAによる告訴が起こした問題は広範にわたる。さらにその被害が世界中で約1,100万台にも及んでいるというニュースが流れ、状況はさらに悪化した。

このスキャンダルが、独首相のアンゲラ・メルケルはもちろん、欧州委員会に至るまですべての人々の耳目を集めているのは驚くことではない。これは製造上のミスではなく、明らかな詐欺事件だ。フォルクスワーゲンのCEO、マーティン・ウィンターコーンは、多大なる謝罪の言葉を述べているが、いままでのところ投資家や国民から安心を得るには至っていない。すでに同社の株価は3年前の最低価格まで下落し、ヨーロッパの株価は全体的に3パーセント下落した。[2015.9.22時点、ウィンターコーンは9.23にはCEOを自身の辞任を表明している。]

しかし、すべては、自然な流れだ。いま問うべき重要な質問は、果たしてこの状況が続くか、ということだ。そしてもし続くならば、このことはフォルクスワーゲン、ドイツ経済、そしてEUにとって何を意味するのだろうか。

フォルクスワーゲンが「崩壊」することはないのだろう。いままでも、他の巨大な自動車メーカーが深刻なトラブルを抱え、乗り越え、いまも存在している。しかし、もしフォルクスワーゲンが崩壊するようなことがあれば、その連鎖はヨーロッパ中を覆うことになるだろう。

Pavel L Photo and Video / Shutterstock.com

最良のシナリオ

このスキャンダルが収束するのを期待している人も、なかにはたくさんいる。彼らがそう考えるのも、この事件そのものが非常に不快な悪事であることは認識しつつもクルマ自体はいまも安全に走っているからなのだろう。

「これによって、誰一人として、死にそうになったものはいない」と 自動車研究所の主席エコノミスト、ショーン・マカリンデンは述べている。「大きなショックとして受け止められているのは彼らが嘘をついたことであり、その嘘が故意によるものだということだ」

これは大事なことだ、マカリンデンは述べている。なぜならわれわれはこれまで、ゼネラル・モーターズやトヨタのような企業が関わった「人の身に危険を及ぼしたスキャンダル」を目にしてきたからだ。

「それだけ深刻な事態だったのにもかかわらず、皆、ゼネラル・モーターズの話題を続けはしなかった」と彼は述べている。「トヨタについてすっかり忘れてしまったように、フォルクスワーゲンについても、みんな忘れてしまうだろう」

伝えられているところによれば、EPAがフォルクスワーゲンに課す可能性があると述べている180億ドル(約2兆円)の制裁金に関して、覚えておくべき大事なことは、180億ドルという金額が、制裁金として「最高額である」ということだ。実際のところ、その額はもっと少なくなるかもしれない、と彼は述べている。すでにフォルクスワーゲンは、スキャンダルの結果として発生する可能性のある出費を賄うために、730億ドルを確保している。

マカリンデンが同時に指摘するのは、フォルクスワーゲンの米国での売上がすでに減少傾向にあったという事実だ。つまり、同社が米国で被る事業損失は「かつてほどではない」ということを意味する。同社の最大の市場である中国においては、影響を受けるディーゼル車はどのちみち不人気なので、フォルクスワーゲンは堅調を維持する可能性が高い。

「このスキャンダルは高くつくだろうが、長続きはしない」とマカリンデンは述べている。

PHOTOGRAPH BY MICHAEL GIL (CC BY 2.0)

最悪のシナリオ

ジョージタウン大学マクドノー経営大学院国際ビジネス科教授、マイケル・ツィンコータのように、フォルクスワーゲンが今後何十年にもわたってこのスキャンダルの影響を受け続けることになるだろうと予測する者もいる。

まず最初に、フォルクスワーゲンがこの影響に対処するために、すでに730億ドルを確保しているという事実は、同社が730億ドルをはるかに上回る額の負担を予測していることの明らかな証左だ、とツィンコータは述べている。

「もし彼らが過大発表をすれば、払う必要のある以上の額を負担することにもなりうる」と彼は述べている。「彼らは、確保している以上の額を支払わなければならないことを認識しているのではないか」

フォルクスワーゲンが近年とってきたブランド戦略の軸には、クリーンで力強く、手ごろな自動車を開発できる「環境市場のリーダー」としての立場があった。このスキャンダルにより、それが偽りであったことが分かっただけでなく、このリコールの結果として所有していたワーゲン車を修理に出した消費者は、かつてほどそのクルマを愛せないだろう、と『ケリーブルーブック』編集主幹、マット・デロレンツォは述べている。

技術革新についての問題もある。自動車産業全体はいま、消費者ニーズを満たそうとしながら、同時にますます厳しくなるグローバルな排出基準に適う方法の開発に取り組んでいる。この問題を誤魔化して解決しようとしたことで、ファルクワーゲンは時間を無駄にしたということだ。これは単に卑怯なだけでなく、怠慢だ。もしもその株価が下落し続け、制裁金と集団訴訟が増え続ければ、フォルクスワーゲンはその損失を埋め合わせるための資金を見つけるために苦労するかもしれない。

「彼らがいくら支払うことになるにしても、彼らが新製品に投資しなけれならない金額よりは少ない」とデロレンツォは述べている。「非常に競争の激しい自動車業界において、それはほとんど、死刑宣告に近いものだ」

連鎖反応

ディズニー映画であれば、悪徳企業が崩壊していくさまに声援を贈るのは当然だろう。しかし実際には、そのエンディングは誰も望んでいないはずだ。結局、ファルクスワーゲンは、数人の悪辣な経営者の将来以上の、はるかにたくさんのものを載せて運んでいる。フォルクスワーゲンは約60万人の労働者を雇用していて、その株主にはドイツ政府が名を連ねている。

ドイツで生まれ育ったツィンコータは、もしフォルクスワーゲンが苦しめば、ドイツもまた苦しむだろうと指摘している。「政府が同社から受ける配当金は、新政府プログラムのために使用すべきキャッシュだった」と彼は述べている。「それが失われる可能性があるのだ」

難民が押し寄せている現在の難局を考えれば、ヨーロッパにとって最悪のタイミングであるのは、容易に想像できる。ここ数週間で、ドイツはその近隣諸国をはるかに超える割合で難民や移住者を受け入れて、リーダーとしての立場に身を置こうとしてきた。

「もしドイツ最大の企業の1つが、立ち上がれなくなるまで打ちのめされれば、その予算はどこから来るというのでしょう」とツィンコータは述べた。「そして、ヨーロッパでは、すべてがお互いに関連し合っています」

だから、メルケル首相と他のヨーロッパの首脳陣が事態を収めようと力を注ぐのに疑問は生まれない。「ダメージを最小限にするべく、EUは一致団結して米国の規制者に対応するだろう」とツィンコータは述べている。そして、次のように付け足した。

「ドイツは、自分たちは一企業についてのみ声を上げているのではない、と米国司法省に力説しようとするでしょう。自分たちはそこで働く人々について、雇用について、家族について語っているのだ、と」

TAG

CarEcoEnvironmentVolkswagenWIRED US