加速する「スマートホーム」市場に、サムスンが放った一手(動画あり)

写真拡大

家にいる家族やペットを見守ったり、鍵や電化製品を制御したりできるホームオートメーション製品市場の競争が激しくなりつつある。サムスンが買収した「SmartThings」などを動画で紹介する。

サムスンは、9月はじめにベルリンで開催された見本市「IFA 2015」のプレスカンファレンスにおいて、ホームオートメーション製品シリーズ「SmartThings」を、米国と英国で9月から発売すると発表した

「加速する「スマートホーム」市場に、サムスンが放った一手(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

このシステムを利用すると、自宅にある主要な機器や設備を世界中のどこからでもコントロールし、ペットを含めた家族のうち誰がいま家にいるのかを把握したり、セキュリティに問題がないかを監視したりできるようになる。

複数の大手企業や新興企業が同じようなシステムを提供しているが、サムスン電子ジャパンの取り組みはどの企業よりも大規模なもので、モノのインターネット(IoT)をごく一般のユーザーでも実際に利用できるようにすることを目指している。

サムスン電子ジャパンが米国のSmartThings社を買収したのは2014年8月のことで、買収額は2億ドルとされた。この買収の狙いは、ホームオートメーション市場における各社の競争が激化するなかで、将来の優位性を高めることにあった。

この市場では、Nest Labs社(以前はグーグルの子会社だったが、いまは両社ともAlphabet社の子会社となった)や、パナソニックなど、他の多くの大手家電企業が競争を繰り広げている(パナソニックは、IFA 2015で4G接続のセキュリティカメラ「Nubo」を発表した/文末に動画)。

一方、アップルの「HomeKit」のようなプロジェクトは、自宅にあるさまざまなスマートデヴァイスをつなげる「接着剤」のような役割を果たすものだ。SmartThingsはその両方を同時に行おうとしており、サードパーティー・メーカーにAPIを提供すると同時に、付属品や関連機器、追加のテクノロジーまでを自社製品で包括的に取りそろえ、あらゆる製品がスムーズに動作するようにしている。

SmartThingsの製品シリーズには、動作感知センサー、スマート電源タップ、スマートロック、セキュリティカメラの他、フィリップスのWi-Fi照明「ヒュー」や、米Sonos社のWi-Fiスピーカーなど、数多くのサードパーティー製デヴァイスが含まれている。

SmartThingsスターターキットは199ポンド(36,000円)。

SmartThingsシリーズのすべての製品は、ひとつのアプリでコントロールされる。このアプリは英国では9月から発売され、「iOS」「Android」「Windows Phone」で利用できる。

サムスン英国・アイルランド法人社長のアンディ・グリフィスはUK版『WIRED』に対し、英国でも米国と同じように特別な契約なしにSmartThingsを利用できると語った。

同氏は、モノのインターネットのシステムを一般家庭に提供するにあたっては、セキュリティーが重要な問題だとも述べた。同社では過去にこの分野で問題が生じたことがある。SmartThings社は2015年2月、ユーザーとSmartThingsクラウドの間でやり取りされる情報をハッカーが傍受できる欠陥があったとして、ユーザーに警告するとともにアップデートを提供したのだ。同社は問題をすぐに修正したと言うが、消費者側は自分の個人データをこのようなシステムに登録することについて、セキュリティー上のリスクを少なくとも意識はしておく必要があるだろう。

TAG

IoTSamsungSmart HomeVideoWIRED UK