巨乳も夢じゃない!? 元グラドルが教える“美しいバスト”を作る秘訣8つ

写真拡大

【相談者:20代女性】
こんにちは! きれいな巨乳を維持している一ノ瀬さん。どうしたらきれいな豊満バストになりますか?

●A. 美しいバストを作る秘訣は8つあります!

こんにちは。元グラビアアイドルで、現在タレントの一ノ瀬文香です。

私はFカップで谷間が出る服を着ていることも多いからだと思いますが、相談者さんがくれたような質問は日常的にちょこちょこ受けます。バストに関する話は『恋愛jp』に書いていいものかなと一瞬考えましたが……バストも恋愛に関連しますよね。バストの好みっていうものもありますからね。

私自身は自分が大きいからか、特にバストの好みとしてこだわりはないのですが(私はレズビアンです)、二丁目に来るレズビアンたちの会話を聞いていると、「大きいバストが好き」とか「大きさにはこだわりないけど、形が良いバストが好き」といった話も時々聞きます。

ということで、今回は美しい豊満バストの作り方・維持方法について、私がグラビアアイドル時代に得た知識や経験から書いていきます。さらに、私と同じ30代で元グラビアアイドル、現在もEカップの美しいバストを維持されているAさんのコメントも載せていきます。

そしてさらに! なんと現役の人気セクシー女優、甲斐ミハルさん(31歳/Fカップ)からもコメントをいただきました!! 美しいバストで説得力のあるミハルさんのコメントもご覧ください!

●バストに関する基礎知識

まず、どうしたら良いかの結論を出す前に、バストに関する基礎知識について。研究により“バストの約9割は脂肪”であると分かっています。つまり、痩せすぎているとバストは大きく成長できないということです。

そして、脂肪には“流動性”があります。脂肪がある程度あっても、胸で維持されずに背中や二の腕、腹部のほうに流れてしまえば、おばちゃん体型に……。「最近、背中に肉がついてきた」とか「二の腕が太くなってきた」という人は、バストの脂肪が流れてしまったという原因も考えられます。

私は20歳のころボーイッシュな見た目をしていて、メンズ服をカッコ良く着こなしたいがためにブラジャーではなく『ナベシャツ』という、バストを平らにつぶして胸板のように見せるものを着用していました。1年くらい着用していたあるとき、鏡を見ていつの間にかバストが変化していたことに気がつきました。乳首の位置が明らかに左右に離れていて、バストの脂肪が確実に周囲へ解散しつつあったのです。

ナベシャツを着ける前は、Eカップ(アンダー70cm)だった私。「このまま解散させていくのはもったいないのでは?」と思うようになり、ナベシャツを着る前同様にちゃんとしたブラジャーを着け、他にもこれからご紹介する努力をして再びバストの脂肪を集合させることに成功しました。その後アンダーが痩せたこともあり、現在はアンダー65cmのFカップをキープしています。

●(1)良いブラジャーを着ける

私の経験からもいろいろ調べた結果からも、大切なバストケアその1は、“良いブラジャーを着ける”こと。脂肪を胸に維持させるためにワイヤーが入っていて、ホックが2、3個(もともと大きい人は3個)のがっちりバストを固定してくれるブラジャーを使うことが大切です。

良いブラジャーメーカーには、同じサイズでもワイヤーの幅やカップの形もさまざまなものがあります。自分の骨格やバストの形にあったブラジャーを選ぶことも大切。

また、良いブラジャーを正しく使うことも大切。正しく使えなければ宝の持ち腐れです。良いブラジャーメーカーでは、販売員がブラジャーの正しいフィッティング方法やフィッティング時にチェックするポイントをきちんと教えてくれます。恥ずかしがらずに、ちゃんと販売員にフィッティングした状態を確認してもらうとバストのために安心ですよ。