“ベトナムのメッシ”ことFWグエン・コン・フオン【写真:宇佐美淳】

写真拡大

 J2の水戸ホーリーホックはこれまでに、ベトナム・Vリーグのホアン・アイン・ザライ(HAGL)に所属する20歳のFWグエン・コン・フオンの獲得を目指し、5度にわたりHAGLと交渉し、ついに移籍の同意を得たという。

 これにより、グエン・コン・フオンは、2013年にコンサドーレ札幌に期限付き移籍したレ・コン・ビンに次ぐ2人目のベトナム人Jリーガーとなる見込みだ。

 水戸の代表者は、Vリーグ終了後にベトナムを訪問。予てから進めてきた“ベトナムのメッシ”ことグエン・コン・フオンの移籍について、HAGLとの間で交渉を開始。27日になって、HAGLの代表者がグエン・コン・フオンの2016シーズンの移籍に関して、大筋で合意に至ったと明らかにした。

 HAGLの代表者は、「選手たちを更に高いレベルでプレーさせたいと思っている。日本でプレーすることは、彼らの才能を育てるための素晴らしい機会となる。グエン・コン・フオンの移籍に関しては、双方とも合意しているが、今後は契約面の詳細について決定していく」と語った。

 水戸は2013年ごろから、FWグエン・コン・フオンらベトナム人選手に注目していた。水戸は現在J2で20位に低迷しているが、来季以降の飛躍を目指し、ベトナムの若い才能の獲得に踏み切った模様だ。

text by ベトナムフットボールダイジェスト