キアヌがわずか64日ぶりの来日、主演映画「ジョン・ウィック」PRで。

写真拡大

俳優のキアヌ・リーブスが9月28日16時ごろ、主演映画「ジョン・ウィック」のプロモーションのため来日、成田空港に到着した。キアヌが来日するのは、7月25、26日に鈴鹿8耐で自身のプロデュースするバイクで走るために電撃来日して以来、なんとわずか64日ぶりだ。

到着時には約300人のファンに囲まれ大歓迎を受けたキアヌ。突然のキアヌ登場に、その場に偶然居合わせた人々からも驚きと歓声が上がり、シルバーウィークを過ぎて落ち着いていた空港内が一気に熱を帯びた。

キアヌの姿が見えるとファンの黄色い歓声が飛び交い、周りには一目キアヌの姿を見ようと人が詰めかけ、日本での人気の高さを再確認。

いつもファンを大切にするキアヌは、笑顔でサインに応じ、一人一人と握手を交わすなど交流を楽しみ、彼の到着を待ちわびたファンから英語で「ずっと待ってました!」「会えてうれしい」と話しかけられると、「ありがとう」と丁寧に返していた。

到着時のキアヌはヒゲ姿に黒のジャケット、パンツというカジュアルな装いでリラックスした様子。たくさんのフラッシュを浴びても嫌な顔をせず、報道陣にも笑顔で「How are you?」と、キアヌ独特のポーズをとって大きな声で話しかけ、その場を和ませていた。

最後に「『ジョン・ウィック』のPRに来たんだ!プレミアに登場するよ!」と上機嫌にメッセージを残したキアヌは、映画PRとしては「47RONIN」以来、約2年ぶりの来日でやる気満々。9月30日に開催するジャパンプレミアでは、本作でキアヌ演じるジョン・ウィックの愛車でもあるマスタングとともにレッドカーペットに登場し、ファンとの交流を行う。離日は10月1日の予定。

映画「ジョン・ウィック」は10月16日(金)、TOHOシネマズ新宿ほか全国公開。