競馬新理論 井崎脩五郎

「雪女」は翌年どうなるか

昨年のスプリンターズSで、雪女が現れた。

1着 「スノー」ドラゴン

2着 ストレイト「ガール」

カッコでくくった部分をつなぎ合わせるとスノーガール、すなわち雪女である。

雪女が現れた翌年はどうなるかというのが、今年のスプリンターズSの要点だろう。

雪女といえば、多くの人が、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が書いた「雪女」という怪談を思い出すに違いない。

年寄りの茂作(もさく)と、巳之吉(みのきち)という若者が、山へ木を切りに行った帰り道、吹雪で渡し舟が使えず、川岸の誰もいない小屋で一夜を過ごすことになる。その夜、二人が寝ているときに雪女が現れて、茂作は冷たい息を吹きかけられて凍死。

「お前はまだ若いから助けてやる。そのかわり今夜のことは誰にも言うな」と雪女に言われて、巳之吉は命永らえる。

さて、その翌年。

巳之吉は美しい娘と出合う。名前はお雪。江戸へ上る途中だという。話すうちに気が合った二人は結婚し……。そう、このお雪こそ、雪女の化身(けしん)なのである。つまり、雪女は再び現れるのだ。

ということは、去年の連対馬で、今年も出てくるストレイトガールはまた来るということか。関西馬で、江戸へ上る点も合致。

■井崎脩五郎 プロフィール

1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。