28日、奥田愛基氏がTwitterで、自身と家族に向けた殺害予告があったことを明かした。

奥田氏はSEALDsの中心メンバーのひとりで、安全保障関連法案が憲法9条に違反しているとして抗議行動を展開している。

投稿によると、奥田氏が学生として籍をおく明治学院大学に、彼とその家族に対する殺人予告が送られたという。

奥田氏は「なんか、僕だけならまだしも、なんで家族に対してもそうなるのか…」と心境を吐露し、「何か意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌なので、一応身の回りに用心して、学校行ったりしてます」とし、身の危険を感じながらも通学していることを明かした。

なお、今回の事件については「被害届等、適切に対応してます」とも説明している。
【関連記事】
評論家・石平太郎氏がSEALDs・奥田愛基氏の陳述に文句「罵声浴びせた張本人」
SEALDsの奥田愛基氏が公聴会で議員に苦言「寝ている方がたくさんおられる」
山本太郎参院議員が特別委員会で「自民党が死んだ日」のプラカードを掲げる