Doctors Me(ドクターズミー)- 病気の子供を預ける病児保育ってどんなところ?

写真拡大

働くお父さんやお母さんたちにとって、仕事中お子さんをみてくれる保育園や保育所は重要なものですね。しかし抵抗力の弱いお子さんは、突然の発熱など病気になることも少なくありません。そんなとき仕事を休むのが難しく、困ってしまうこともあるでしょう。

今回は、そのようなときに役に立つ病児保育について、医師から聞いた話をお伝えします。

病児保育ってどんなところ?

お子さんが発熱したり、嘔吐や下痢などの症状があると、保育園や幼稚園ではお子さんを受け入れることができません。そんなとき、病児保育では、仕事を休んで看病することのできない保護者のかわりに、子どもの世話をする役割を果たします。 共稼ぎの親などが増えてきている昨今、需要が多くなってきているといえます。

病児保育には、大きく分けて病院や保育所などの施設でお子さんをみる「施設型」と、自宅でお子さんの保育を行う「訪問型」があります。

誰が保育を行うの?

保育園では資格を持った保育士が子どもの保育を行いますが、病児保育では、一般的に病児保育士が担当します。

病児保育士という国家資格は現在まだないのですが、各組織には存在します。一般社団法人全国病児保育協議会がつくった「病児保育専門士」と、一般財団法人日本病児保育協会がつくった「認定病児保育スペシャリスト」があります。

【病児保育専門士】
資格を取るための条件
・保育士や看護師の資格を保有すること
・2年を超える実務の経験

【認定病児保育スペシャリスト】
資格などは必要とされず、希望する人が受験可

これらの病児保育士や看護師などが、主にお子さんが普段通園している時間帯に、お子さんの看護や世話をします。病児保育では、お子さんの様子を見守るだけでなく、症状が悪化したりした時には、処置や受診などの決定もしなくてはなりません。

【医師からのアドバイス】

病児保育は、保育所や病院に併設されていたり、民間の企業で行ったりしています。お住いの市町村施設にある保育課に問い合わせをすると良いでしょう。

施設によっては、当日の朝でも受付けてもらえるところが多いですが、訪問型の場合などは、事前に登録が必要なこともあります。いざという時に備え、調べておくと良いでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)