厳選!2歳馬情報局(2015年版)
◆第18回:シンハライト

 3歳馬による牡牝の「三冠レース」の歴史をひも解くと、同じ母親の名前が頻繁に見られる"常連ファミリー"がいる。そういった血統は、競馬ファンにはお馴染みとなって、早いうちから注目を集めることとなる。

 今年デビューを迎える2歳馬の中にも、三冠戦線の常連と言える"賢母"の産駒がいる。シンハライト(牝2歳/父ディープインパクト)である。

 シンハライトの母は、現役時代にアメリカのGIデルマーオークス(2005年/アメリカ・芝1800m)を制したシンハリーズ(牝/父シングスピール)。彼女は競走生活を終えて来日すると、現役時代と同様、繁殖牝馬としても素晴らしい活躍を見せている。

 彼女が生んだ第2仔のアダムスピーク(牡/父ディープインパクト)は、2011年のGIIIラジオNIKKEI杯2歳S(阪神・芝2000m)を勝利。デビューからの連勝で重賞タイトルを手にすると、翌2012年の牡馬三冠第1弾、GI皐月賞(18着。中山・芝2000m)に出走した。

 第4仔となったリラヴァティ(牝4歳/父ゼンノロブロイ)も、2014年のGIIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)や、GIIローズS(阪神・芝1800m)で3着に入るなど、3歳牝馬のトライアル戦で堅実なレースを披露。この年の「牝馬三冠」レースのうち、GI桜花賞(9着。阪神・芝1600m)と、GI秋華賞(8着。京都・芝2000m)の舞台に挑んで奮闘した。

 さらに、第5仔のアダムスブリッジ(牡/父ゼンノロブロイ)も、デビュー2連勝でオープンクラスの若駒S(京都・芝2000m)を制覇。今年のGI日本ダービー(17着。東京・芝2400m)に駒を進め、「三冠レース」に名を連ねた。

 すでに3頭の仔を、牡馬、牝馬それぞれの三冠戦線に送り込んだ母シンハリーズ。となれば、シンハライトも来年の大舞台が目標となってくるだろう。同馬の育成を担当したノーザンファーム早来(北海道)の日下和博氏も、春の取材でこんな意気込みを口にしていた。

「とにかく走る血統なので、順調にいってくれれば、チャンスは出てくると思っています。なんとか、クラシック戦線に乗ってくれればいいですね。馬自体に関しては、育成の最初の頃は少し華奢(きゃしゃ)だったのですが、ここに来て体重が増えてきました」

 安定して走る血統だけに、経験豊富なスタッフが大舞台を意識するのは無理もない。また、血統だけでなく、調教をこなす過程で、この馬の明るい将来を予期する"よさ"が見られれば、なおさら期待は膨らむ。日下氏が続ける。

「キャンター(駆け足)の乗り味はいいですし、育成が進むにつれて、どんどん成長してきましたね。また、性格面においても、父ディープインパクトの産駒らしい"いい気性"をしています」

 シンハライトを管理するのは、栗東トレセンの石坂正厩舎。すでに入厩しており、デビューへ向けて最後の調整に入っている。初戦の舞台は、10月10日(土)の2歳新馬(京都・芝1600m)。鞍上は、池添謙一騎手の予定だ。

 三冠戦線に出走した兄姉を持つシンハライト。ただし、その兄姉たちはケガなどもあって、本番で満足いく結果を残せなかった。だからこそ、シンハライトにかかる期待は大きい。その期待に応えられる"器"かどうか、まずは初陣に注目したい。

河合力●文 text by Kawai Chikara