17番にある祠で神主さんを呼んで必勝祈願!小田は神妙な顔つき<提供:大会事務局>

写真拡大

 2015年9月28日(月)、兵庫県のABCゴルフ倶楽部において、10月29日(木)から開催される国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」のメディアデーが開催された。
今季の国内男子ツアーを写真で振り返る!
 この会見にはディフェンディングチャンピオンの小田龍一が出席。昨年大会の練習日にABCゴルフ倶楽部17番グリーン脇にある祠(※ほこら=神をまつる小規模な殿社)にお賽銭を投じて「10回のうち1回でもいいので、小田は小田でも孔明ではなく龍一を応援して下さい」と願をかけたことにちなみ、17番グリーン脇にある祠の前で、住吉神社の神主を招いて「小田龍一プロの健闘と4日間の競技の無事」を祈願する祭祀が行われた。
 会見でABCゴルフ倶楽部の攻略法を問われると「グリーン上の戦いになると思います。世界一と言っても良いほどのグリーンコンディションで、そこでパッティングの勝負になると思います」と話した小田。
 師匠と仰ぐ池田勇太が「ライザップKBCオーガスタ」で優勝したときに「おめでとう」メールをすると「オレとおまえとで最終組で優勝を争えたら最高だな」という返信があったという。2013年のチャンピオンの池田勇太と2014年チャンピオンの小田龍一。今季の大会は2人で優勝争いをするつもりだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>