大場つぐみ・小畑健の新連載決定!!「人と天使の物語」描く『プラチナエンド』

写真拡大

大場つぐみ原作、小畑健マンガの新作『プラチナエンド』が、11月4日発売の集英社『ジャンプスクエア12月号』で連載開始することがわかった。
9月28日発売の『週刊少年ジャンプ44号』で告知された。

【関連:『3月のライオン』実写映画化及び、テレビアニメ化決定】

週刊少年ジャンプ44号

二人は『DEATH NOTE』『バクマン。』を手がけたヒットメーカーコンビ。そのため今回の発表には早くもネット上で期待の声が高まっている。

二人がコンビで連載作を発表するのは『バクマン。』以来、約3年半ぶり。新作『プラチナエンド』では「人と天使の物語」が描かれるという。
なお、10月5日発売の『週刊少年ジャンプ45号』には冒頭8ページが先行掲載される。

※「大場つぐみ・小畑健の新連載決定!!「人と天使の物語」描く『プラチナエンド』」はおたくま経済新聞で公開された投稿です