スーパーパティシエ 辻口博啓 和をもって世界を制す

写真拡大

フランスでは大天使ミシェル(ミカエル)が菓子職人の守護聖人となっており、その祝日が9月29日ということから2002年に三重県洋菓子協会がその日を「洋菓子の日」に制定。今回はパティシエのサクセスストーリーからレシピ本まで、お菓子を食べたい人も作りたい人も満足できる3冊。

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

朝ドラファン必見 こうして世界一のスーパーパティシエが生まれた!

9月26日に最終回を迎えたNHK朝の連続ドラマ「まれ」のモデルともいわれ、同番組の製菓指導を行ったスーパーパティシエ、辻口博啓さんが、パティシエとショコラティエの2つのジャンルで世界一になるまでを描いた『スーパーパティシエ 辻口博啓 和をもって世界を制す』(著・輔老心=すけたけしん、626円、文藝春秋)。

石川県七尾市の和菓子屋に生まれた博啓少年は、友だちの家で食べたケーキに衝撃を受け、洋菓子職人になる道を選ぶ。修業中に実家の和菓子屋「紅屋」が倒産、父も行方不明に。どん底から再出発し、東京・自由が丘に「モンサンクレール」を開店。そして、フランスで開催される「クープ・ド・モンド」をはじめとする洋菓子の世界大会で頂点に上り詰めていく姿に迫る。

和菓子屋の跡取りがどうしてフランス菓子を作るパティシエになったのか...。朝ドラファンならずとも、このサクセスストーリーに胸が熱くなるに違いない。

すぐに使える!おいしさの質を落とさないテクニックが満載

最近ダイエット菓子としても注目を集めている低糖質スイーツだが、小麦粉や砂糖を控えながらも、おいしさの質と落とさず作るためには、正しい知識とテクニックが必要。『低糖質スイーツ つくり方のコツ』(著・日郄宣博、1944円、誠文堂新光社)では、従来のカロリー制限食に代わる「糖質制限食」を、テレビ番組などでもしばしば紹介されている「パティスリー・ラ・ノブティック」(東京都板橋区)のオーナーシェフ、日郄宣博さんが教えてくれる。

この本の監修者でもある、北里大学北里研究所病院糖尿病センターの山田悟医師に日郄さんが出会い、"厳しい食事制限の中である程度食べたいものを食べながら治療ができたら"という話に感銘を受け、低糖質スイーツの開発に着手したことに始まる。

本書では、スポンジケーキ、シュー菓子、ムース・ババロアなどダイエット中の人も注目のレシピがずらり。

すぐに自宅で作ってみたくなる、超人気店のレシピ本

都内の東急三軒茶屋駅近くにある「uguisu(ウグイス)」(東京都世田谷区下馬)と、その姉妹店、JR西荻窪駅が最寄りの「organ(オルガン)」(東京都杉並区西荻南)はいずれも、ワインとともにフランス料理が楽しめる超人気店。両店の店主・紺野真さんが、2つの店で提供している人気メニューのレシピを初公開するレシピ本、『なぜかワインがおいしいビストロの絶品レシピ』(著・紺野真、1836円、サンマーク出版)。

紺野さんが特に記憶に残っているという厳選された50皿を紹介している。構成は、店のメニューリストと同じ順番で「海からの前菜」から「デザート」まで。来店するほとんどの客がオーダーする看板メニューから自宅ですぐに真似できそうなサイドメニューまでさまざまなレシピを惜しみなく披露している。

 デザートはフォンダン・ショコラ、ココナッツ・ブランマンジェなど、名店の味を再現してみたくなる。