最初フォークを入れたときのふわっと入る感触はけっこう感動もの

写真拡大

ローソンから、耳までやわらかい「ふわとろフレンチトースト」(320円)が、2015年9月29日発売になります。"ナイフは必要なし!""耳までやわらかい"と、心躍るキャッチがついた新商品です。

液にしみこませること1時間

一流ホテルで提供されるフレンチトーストの「ふんわり&とろとろ」食感を目指し、パン、たまご、牛乳、バターにこだわって開発したフレンチトーストです。

パンは、フレンチトーストに適したこだわりの専用厚切りパンを使い、タマゴは、スイーツの材料としてパティシエに評価の高い「エグロワイヤル」という品種を配合。国産の牛乳・バターを使用する事で風味を上げています。

徹底してこだわったのは、"ホテルメイドの食感"に近づけること。これまでローソンから発売されたフレンチトーストは、パンをフレンチトースト液にくぐらせて焼き上げていました。しかし「ふわとろフレンチトースト」は、約1時間フレンチトースト液に漬け込みたっぷりと染み込ませ、時間をかけて焼き上げているそうです。

そのため耳までふっくら柔らか。一足先に編集部で試食しましたが、本当にナイフは必要なく、フォークで簡単に切れました。

ひと口切って食べると、パンのキメの奥までフレンチトースト液が染みこんでいるので、噛んだ瞬間じゅわ〜っと優しい甘さが口いっぱいに広がります。ついているバターをじんわり溶かすとまた風味が上がり、カフェで食べている感じ。トースト自体がしっかりしているので、メープルシロップの甘さにも負けていません。

最初フォークを入れたときのふわっと入る感触はけっこう感動ものでした。

ちなみにフレンチトーストの名前は、ニューヨーク州オールバニーにある酒屋の店主ジョーゼフ・フレンチさんが作っていたことから名づけられたのだとか。つまり、フランスの"フレンチ"ではなく、「フレンチさんが作ったトースト」ということですね。

信じるか信じないかは、あなた次第です!