「美人=モテる」とは限らない! 美人じゃなくてもモテる秘訣4つ

写真拡大

女性なら誰しも美人をうらやましく感じますよね。ですが身の回りを見渡してみると、格別な美人ではないのに、すごく男性にモテる女性もいます。そんな女性にはどんなモテ要素があるのでしょうか。美人じゃなくてもモテるための秘訣を、社会人の女性に聞いてみました。

■コミュニケーション能力が高い

・「男性のプライドを上手く刺激し、良い気分にさせてやること」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「性格? 雰囲気? 外交的なオーラがモテそうな気がします」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

ただ自分のことをペラペラ話すのではなく、相手の話をしっかりと聞き入れ、それに対して相手が喜ぶ反応を示せる女性は、顔の美しさをはるかにしのぐモテオーラを発揮しています。

■いつも笑顔でいる

・「笑顔。笑ってれば、普通レベルでも可愛くみられる」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「笑顔だったり、気が利いたり、話しやすかったり」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

ムスッとしていてはいい出会いも逃してしまいそう。たとえそれほど楽しくない毎日でも口角を上げて過ごしていれば人は自然とやってきます。誰しも不機嫌そうな人には話しかけたくないものですから……。

■愛想がいい

・「誰にでも愛想よくする」(27歳/電機/営業職)

・「愛想と多少のスキ。守ってあげなくちゃいけないという気持ちを持たせる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

女は愛嬌と言われますが、それは男性目線から見た魅力的な女性の条件でもあります。完璧な容姿、完璧な仕事ぶり、一瞬のスキも見せない完璧な生活では男性も物おじしてしまうのかも。一歩間違えれば男性に媚びていると思われることもあるので、やりすぎは禁物です。

■マナーや身だしなみに気を配っている

・「清潔感のある体型と身だしなみをしている」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「マナーに注意したり、毎日元気でいる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女性としてもっとも大切にすべきことは、マナーや身だしなみでしょう。特別おしゃれな服装でなくとも、清潔感のある女性は人気があります。また、健康的な美しさもモテの必須条件です。

「自分は美人じゃないし……」と卑屈になる必要はまったくありません。逆に言えば美人でもこれらの要素を持ち合わせていない人は周りが思うよりもモテていないのかもしれないのです。毎日を楽しく、生き生きと過ごすことがモテる女性への近道と言えるでしょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数131件(21歳〜33歳の働く女性)