星空の下で『銀河鉄道の夜』を堪能 東京国立博物館が野外上映会

写真拡大

10月2日(金)と3日(土)の2日間、東京・上野の東京国立博物館にて、野外映画上映イベント「博物館でシネマ」が開催される。

このイベントは、広大な上野公園の一角にある東京国立博物館の雰囲気を感じつつ、夜空の下で映画を味わうことができるもの。昨年行われた第1回では、筒井康隆原作の同名映画(1984年)をもとにした細田守監督のオリジナルアニメ作品『時をかける少女』(2006年)が上映され、2日間で8600人の来場者を集めた。

第2回目となる今年は、宮沢賢治の名作をますむらひろしの猫のキャラクターにより長編アニメーション化した杉井ギサブロー監督の『銀河鉄道の夜』(1985年)を上映。当日は、同館で開催中の『アート オブ ブルガリ 130年にわたるイタリアの美の至宝』が22時まで特別開館するほか、「博物館でアジアの旅」の期間中でもあるため、アジアの展示やイベン、アジア料理の屋台やアジアビール、コーヒーなども楽しめる。

「博物館で野外シネマ」は、2015年10月2日(金)と2015年10月3日(土)、東京国立博物館本館前にて開催(雨天時は平成館大講堂。先着380名)。時間は19:00〜(1時間40分ほど)。料金は無料(ただし、当日の入館料が必要)。参加方法は事前申込不要。当日会場に集合。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです