秋の味覚さつまいもには食物繊維が豊富で便秘解消には効果的な食材といわれますね。しかし、便秘のひどい人がさつまいもを食べると便秘を悪化させてしまうことがあることを知っていましたか? これは一体どういうことなのでしょうか?

食物繊維は便秘を解消する!

さつまいもには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は便秘の予防や解消に効果的です。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。水溶性は水に溶ける性質からワカメやコンブなど海藻のようにぬるぬるしたゼリー状になり、便に老廃物や有害物質を巻き込んで水分ですべりやすくして体外へ排出するはたらきがあります。一方、さつまいもなどに含まれる不溶性食物繊維は消化されずに大腸まで届き、腸内の水分を吸収して便のカサを増やし、腸のぜんどう運動を活発にすることで便秘を解消するのです。

便秘解消に効くヤラピン

さつまいもにはヤラピンという成分が含まれます。ヤラピンは、さつまいもを輪切りにしたときに包丁につく白い液体で糖脂質の一種です。ヤラピンは腸のぜんどう運動を促進して、便を軟らかくする効果があります。熱を加えても変質しないので、さつまいもを調理しても効果が減少しません。ヤラピンは、さつまいもの食物繊維との相乗効果で便秘を予防・解消します。

それなのに、さつまいもで便秘が悪化するワケは?

軽い便秘であれば、さつまいもを食べることは便秘解消につながります。しかし、便秘が長く続いている人は、便がたまり腸内が狭くなっています。さつまいもを食べると食物繊維が腸内で膨れ上がって便の量が増え、通りが悪くなるので便秘を悪化させてしまうのです。それを防ぐためには水分を摂るようにしてください。さつまいもをおやつに食べるなら、緑茶や牛乳などを一緒に飲むこと。料理にするなら、煮物や汁ものなど水分とのあるメニューを考えてみましょう。また、水溶性食物繊維を含むバナナや海藻類を一緒に摂ると便秘が解消されやすくなります。

さつまいもがおいしい秋。効果的な食べかたをして便秘予防・解消したいですね。


writer:松尾真佐代