靴を脱ぐという日本の生活習慣と床の種類に着目!(写真は、「RAS‐X40F2(W)」)

写真拡大

日立アプライアンスは、業界で初めて床の種類を判別して、天井の温度や下がり壁なども検知したうえで「気流の通り道」を見つけて快適な空調を実現する「くらしカメラ4」を搭載した「ステンレス・クリーン 白くまくん」Xシリーズ(10機種)を、2015年10月31日に発売する。

「くらしカメラ4」を搭載

従来の「画像カメラ」と「温度カメラ」「ものカメラ」に、新たに加えた「お部屋カメラ」で構成する「くらしカメラ4」によって、人の位置や活動量とその周囲温度、ソファやテーブルといった家具の位置や形状などに加えて、新たに床の種類を判別。さらに天井の温度や下がり壁まで検知することで快適な空調を実現する。

屋内で靴を脱ぐという、日本の生活習慣と床の種類に着目。「フローリングでも素足で過ごせる暖房」を、また冷房時は輻射熱など室内の潜在的な課題と、「冷房の風が直接当たって不快」という不満にも配慮して室内環境を踏まえた「気流を感じさせないやさしい冷房」をめざした。

新たに、従来機種で採用していた「3分割フロントフラップ」を進化させた「ステンレスフラップ6」を採用し、「くらしカメラ4」で検知した情報にあわせて、かしこく気流をコントロールする。

暖房時は、床の表面温度が同じでも、床の種類によって「接触温冷感」が異なることに着目。業界で初めて足もとが接する床の種類を判別して、必要な暖気を届けることでひんやり感をなくし、足もとを暖かくする。また、冷房時は体感に影響する輻射熱の原因となる天井面の温度を検知して天井面へ直接気流を届ける。こうして天井自体を冷やすことで天井からの輻射熱を抑え、室温と天井温度をコントロールする「プレミアム天井気流」を採用した。

さらに、暖房機能ではより暖かさがほしいときに、最高温度約42度で床暖房のような感覚で足もと付近をしっかり暖める「ゆか暖」機能を継続採用した。

オープン価格。