『俳優 亀岡拓次』追加キャスト

写真拡大

2016年1月30日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開される安田顕の主演映画『俳優 亀岡拓次』の追加キャストが発表された。

【もっと大きな写真を見る】

同作は、戌井昭人(鉄割アルバトロスケット)の小説『俳優・亀岡拓次』を横浜聡子監督が映画化した作品。撮影現場と酒場を行き来する地味な生活を送っていた脇役俳優の亀岡拓次が、ロケ先で出会った居酒屋の女将・安曇に恋をしたことから展開される物語が描かれる。安田は37歳の独身男・亀岡役を演じる。

今回出演が明らかになったのは、亀岡が恋に落ちる安曇役の麻生久美子、亀岡の俳優仲間・宇野泰平役の宇野祥平、亀岡が参加するVシネマの監督・山之上役の新井浩文、インディーズ映画の監督・横田役の染谷将太、亀岡が出演した作品で主演を務める人気俳優・貝塚トオル役の浅香航大、亀岡の行きつけのスナック・キャロットのママ役の杉田かおる、亀岡のマネージャー・藤井役の工藤夕貴、亀岡が初舞台を踏むことになる陽光座で座長を務める大女優・松村夏子役の三田佳子、日本映画界の重鎮・古藤監督役の山崎努の9人となる。

■麻生久美子のコメント
監督は、前と変わらず妥協しない姿がとてもカッコよくて素敵で、その姿が見られただけで幸せでした。私の撮影はすぐ終わってしまいましたが、居心地が良く楽しかったです。(安田顕さんは)リアリティを追求する役者さんだなと思いました。お酒を飲んでいるシーンでどんどん酔っていく姿が亀岡さんにしか見えず、素敵だなと思いました。

■宇野祥平のコメント
横浜組に参加するといつも映画を超えて自分自身のことも考えさせられます。普段、他人のことをわかろうとしてしまう自分がいますが、他人どころか自分のことも全然わからないということを突きつけられます。とても大事な時間でした。安田さんが劇中の関係性を撮影外でも作ってくれたので、もしかしたら僕だけが知っている安田さんの印象は俳優亀岡拓次そのままなのかもしれません。

■新井浩文のコメント
幸薄そうな顔の横浜監督が、結婚できたと聞いてほっとしました。

■染谷将太のコメント
現場には1日の参加でしたが、横浜さんが意図せず作り出すあの現場の空気感は忘れません。っあ、横浜さんの映画の匂いがするって思いました。安田さんは、シャイだけど打ち解けるととてもダンディでお茶目なヤスケンさんが出てくる。(打ち解けるまでに約2年かかりました)またゆっくり呑みましょう。

■浅香航大のコメント
とても面白い本だと思いました。横浜監督の穏やかで独特な雰囲気から溢れ出る情熱的な気持ちをヒシヒシと感じました。この作品に参加できた事をとても嬉しく思います。

■杉田かおるのコメント
横浜監督は、感性が素晴らしく繊細なのに大胆で隅々まで演出が生き生きしていてとても新鮮でした!安田さんとは以前舞台でもご一緒させて頂いたのですが、とても真面目で真摯な姿勢で役に取り組んでいらっしゃるところと底抜けに明るいところが北海道の大地を彷彿とさせる素晴らしい俳優さんだなぁと思います!

■工藤夕貴のコメント
私は横浜聡子監督が好きだ!映像から溢れる独特のオフビート、そこはかとなく子供が唇を突き出して拗ねているようなその世界観には、シュールで荒廃した空気が漂っている。それなのに、なぜだか温かい気持ちになる。監督がちあきなおみの歌を歌うその声も好きだ!私が男なら監督と結婚したい...?!とさえ思っている。この作品にも監督の愛がある。そして私はその中に新しい自分を探しているのだ。

■三田佳子のコメント
(横浜監督は)作家であり演出家でもある横浜監督は、鋭い感性で、確固たる独自の世界を持っていらっしゃる。一方で女性らしい細やかさと柔らかさで、懐深く私の女優人生をまるごと受け止めて頂けた思いが致します。ご一緒できて、ほんとうに嬉しかった。作品の完成を、心から楽しみにしています。
(安田顕さんは)よくぞ、揉んでくれたわね(笑)安田さんが「俳優 亀岡拓次」を演じているのか、「俳優 亀岡拓次」が安田さんの身を借りてそこにいるのか。衣裳合わせで初めてお会いした時から、オンもオフも、ほんとうに自然体で役に集中し続けていらっしゃったのが印象的でした。また、ご一緒したいですね。