ハロウィンの遊び心満載スイーツがずらり!ヒルトン東京でデザートブッフェ開催

写真拡大 (全4枚)

ホテルの人気デザートブッフェにも、そろそろハロウィンをテーマにしたスイーツが登場しているみたい。例えば、新宿のホテル「ヒルトン東京」1階にある「マーブルラウンジ」で、ハロウィンシーズンに合わせた遊び心いっぱいの「魔法にかけられたプリンセス」(大人1名3888円・サ別)が開催され、話題を呼んでいるそう。

2015年9月15日(火)から11月5日(木)までのこちらは、この夏、同ラウンジで展開されているデザートブッフェ「プリンセスシリーズ」の最終章。5月19日(火)〜8月31日(月)に開催された第1弾では、延べ2万1000人ものスイーツ好きを虜にしたというし…今回のラインナップも気になる! そこで、広報担当の五戸さんに詳しく聞いてきた。
今回の目玉は、ハロウィン仕様のスイーツが並ぶ「魔女のスイーツコーナー」。そこで、まず真っ先に目に飛び込んできたのは、色とりどりの目玉がたっぷりのった「アイタルト」。

「ほどよい酸味と甘みのカシスクリームのタルトを、ストロベリーフレーバーのマシュマロで作った目玉でデコレーションしています。目玉をリアルにしたいというシェフのこだわりから、2色のゼリーを使用し、さらに少し血走っている感じが表現されている一品です」(同)


ほかにも、胡桃のクッキーにマシュマロとラズベリークリームをサンドした「デンタルクッキー」(写真)や、レモンのゼリーとマロンクリームで脳みそを表現した「ブレーン・グラス」などが登場。どれも他ではお目にかかれないリアルな見た目で、写真を撮ってSNSでシェアしたくなること、うけあいの仕上がり。


「チョコレートと胡桃のブラウニーの上に蜘蛛の巣を描いた『スパイダーケーキ』は、チョコレートグレーズをコーティングしていて、濃厚な味わいですよ」(同)

さらに、「パンプキンと胡桃のケーキ」や「スイートポテトマドレーヌ ロリーポップ」など、秋の食材を用いたスイーツのほか、ローズクリームとローズの花びらをトッピングした「サブレブルトン ラズベリーシュークリーム&ローズクリーム」やハート型の「マカロン イスパハン」など、これまでの第2回で人気だったスイーツもいただけるそう。

「サンドイッチやスープ、パスタなどの軽食も取り揃えていますので、遅めのランチとしてもご利用いただけまます」(同)

ホラー映画にでてきそうなハロウィンスイーツで、女友達と盛り上がって。