投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、9月28日〜10月2日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は堅調か。米利上げは先送りされたが、経済指標などが堅調で10月以降の実施に期待感が強まれば、123円台まで上昇する展開となりそうだ。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は24日、インフレが安定的に推移し、米経済が雇用拡大に向け力強い状態なら年内に利上げの方向性を改めて示した。

 一部には米国経済の減速懸念もあるため、ISM景況感指数(10月1日)が注目される。また、雇用情勢の改善を確認するうえで、9月雇用統計・失業率(10月2日)が手掛かりとなる見通し。次回のFOMC会合(10月27-28日開催)での利上げ決定を予想している市場関係者は少数にとどまるが、企業景況感や雇用関連の指標改善は年内利上げの確率をさらに高める要因となりそうだ。

【ISM景況感指数】(10月1日発表予定)
 9月利上げが先送りされ、中国経済だけでなく、米国経済への減速懸念も一部に出始めていることから、直近の景況感が注目される。前回は51.1だったが、今回は50.6と若干の弱含みが見込まれている。予想を大きく上回れば、10月もしくは12月の利上げに期待感が強まる見通し。

【9月米雇用統計】(10月2日発表予定)
 非農業部門雇用者数は8月分が+17.3万人と、雇用の持続的な回復の目安とされる20万人を下回ったことで雇用情勢はやや悪化したと受け止められた。しかし、ここ数カ月は連続して上方修正されており、今年に入って平均すると20万人を上回っていることから、8月分の数字がどの程度上方修正されるか注目される。なお、9月分は前月比+20万人と予想される。

 9月28日-10月2日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)9月ADP雇用統計 9月30日(水)午後9時15分発表予定
・予想は、+18.8万人
 参考となる8月実績は+19万人。雇用情勢はゆるやかに改善しており、9月中の新規失業保険申請件数の推移を参考にすると、9月は8月実績並みの雇用増が予想される。エネルギー業界を除いて雇用の伸びはまずまず順調であり、市場予想は妥当な水準か。

○(日)7-9月期日銀短観 10月1日(木)午前8時50分発表予定
・予想は、大企業製造業DIは13、大企業非製造業DIは10
 参考となる6月調査では大企業製造業が+15で3ポイント改善。個人消費の底入れ感
が広がり業況感を押し上げた。9月調査では企業収益の改善は期待できないことや個
人消費の伸び悩みが予想されることから、DIはやや悪化する見込み。

○(米)9月ISM製造業景況指数 10月1日(木)午後11時発表予定
・予想は、50.6
参考となる8月実績は51.1に低下した。新規受注や価格指数が低下したことが要因。9月については、新規受注や価格指数の伸びが期待できないことから、さらに低下する可能性がある。

○(米)9月雇用統計 10月2日(金)午後9時30分発表予定
・予想は、非農業部門雇用者数は前月比+20.0万人、失業率は5.1%
参考となる8月実績は、非農業部門雇用者数が+17.3万人、失業率は5.1%に低下した。失業率の低下は労働力人口が縮小していることが要因。9月については、9月中旬の新規失業保険申請件数が減少していることから、非農業部門雇用者数は8月実績をやや上回る見込み。失業率は8月と同じ5.1%になると予想される。

○日米の主な経済指標の発表予定は、28日(月):(米)8月コアPCE、29日(火):(米)7月S&Pケース・シラー総合20、(米)9月消費者信頼感指数、30日(日)8月鉱工業生産指数、10月2日(金):(日)8月失業率

【予想レンジ】
・米ドル/円:118円50銭-123円50銭