ミランのマリオ・バロテッリ【写真:Getty Images】

写真拡大

【ジェノア 1-0 ミラン セリエA 第6節】

 イタリア・セリエA第6節が現地時間の27日行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでジェノアと対戦した。

 本田のチーム内での評価が下がる一方で、ミハイロビッチ新監督の志向するサッカーが浸透を見せているミラン。前節は苦しみながらもウディネーゼに競り勝っている。

 この日は戦前の予想通り本田はベンチスタートとなった。トップ下にはMFボナベントゥーラが入り、左インサイドハーフにMFベルトラッチが復帰する。

 しかし、開始早々の10分、先制したのはジェノア。FKを獲得したMFジェマイリが直接狙うと壁のボナベントゥーラ当たってゴールに吸い込まれた。さらにミランは苦しい展開が続く。42分にはDFロマニョーリがFWカペルにファウルを犯し、この日2枚目となるイエローカードで退場してしまう。

 先制された上に前半で10人となってしまったミランは、ますます厳しい戦いを強いられる。終了間際にはボナベントゥーラに替えてFWバッカを投入。バロテッリ、バッカ、アドリアーノの3選手がついに共演する。

 終了間際にはクツカがゴール前でボールを受けるも、ミドルシュートは大きく枠の上に外れてしまう。そのまま最後までゴールを決められなかったミランは0-1で敗北を喫した。本田は出番なく終わっている。

【得点者】
10分 1-0 ジェマイリ(ジェノア)

text by 編集部