23日、網易娯楽によると、韓国のアイドルグループ・KARAの元メンバー・ジヨンが日本で活動していることに、韓国から批判の声が上がっている。写真は12年3月、ファンイベントで台北を訪れたKARA。

写真拡大

2015年9月23日、網易娯楽によると、韓国のアイドルグループ・KARAの元メンバー・ジヨンが日本で活動していることに、韓国から批判の声が上がっている。

【その他の写真】

ジヨンは2014年1月に脱退後、日本の人気ドラマ「民王」に出演。憲民党党首の娘・絵理香を演じた。韓国人が日本人の役を演じるのはこれが初めて。ジヨンの日本語と演技は日本のメディアや視聴者から好評を博したが、一部の韓国人からは「日本人を演じるなんて、韓国への宣戦布告か?」「韓国に戻ってくるな」など批判的な声が上がった。

ジヨンは実写版・映画「暗殺教室」にも出演。人気グループを脱退して、日本での俳優活動を選んだ理由については、「国とは関係なく新しいことに挑戦してみたかった。日本で俳優として活動する原動力は、家族や友人、ファンの皆さんのおかげ」と話している。(翻訳・編集/北田)