貧血にも口臭にも便秘にも!「梅干し」の効能がすごい!

写真拡大

おにぎりやおかゆの定番の具材である「梅干し」ですが、体の不調を整えたり、美容効果があるなど、女性に嬉しいメリットがたくさんあるのをご存知でしょうか。

­

そこで今回は意外と知られていない、梅干しを食べることで得られるメリットを紹介いたします!
貧血予防
梅干しには鉄分が多く含まれているため、貧血を予防してくれます。

また、胃酸の分泌を高めてくれるので、梅干しに含まれる鉄分をより効果的に吸収することができ、ほかの食べ物の鉄分の吸収も高めてくれるんです。

「頭がクラッとする…」「なんだか疲れやすい…」など、そんな貧血症状は梅干しを食べて防ぎましょう!
口臭予防
年齢を重ねると、どうしても気になってくる口臭ですが、この口臭にも梅干しがパワーを発揮してくれますよ。

口臭の原因の一つは口内が乾燥すること。

年齢を重ねると唾液量が減ってきてしまうため口臭に繋がってしまうのですが、梅干しには唾液を分泌してくれる効果があるため、それにより口臭予防になるのです。

­

また、口内に存在する細菌も口臭の原因です。梅干しには強い殺菌効果もあるので、ダブルで口臭を抑えてくれるというわけです。
肩こり解消
「梅干しで肩こり解消?」と思われた方も多いでしょうが、梅干しは肩こりにも効果があるのです。

肩がこるのは疲労物質である乳酸が筋肉中に留まり、「乳酸タンパク」という物質になるため。乳酸タンパクは肩や首筋を強張らせ、肩こりの原因となってしまいます。

­

この乳酸タンパクを分解してくれる物質が、みなさんご存知、梅干しに含まれる「クエン酸」! 梅干しに含まれるクエン酸には、疲労物質を残さないという作用もあるため、肩こりの予防にもよいのです。
若返り
梅干しを食べたときはもちろんのこと、梅干しを見たり、梅干しの酸っぱさを想像するだけで唾液が出てくる方も多いのではないでしょうか。

­

唾液に含まれるパロチンは、若返りホルモンと呼ばれ、細胞を活性化させ、老化を防いでくれます。つまり、体の代謝を高めてくれるのです。

お肌の新陳代謝が上がれば、新しい皮膚を作ってくれますし、髪の毛もきれいになります。

細胞の生まれ変わりが早くなると、若々しい健康なカラダを保つことにも繋がりますよ。
便秘解消
先ほど紹介したとおり、梅干しには多くのクエン酸が含まれています。

クエン酸は梅干しの酸っぱさの元になっているものですが、クエン酸が体内に入ると、体内でエネルギーを作り出す回路が動き出します。

それにより食欲が湧いたり、疲労が回復するのですが、クエン酸が腸まで届くことで腸の動きが活発になり(ぜんどう運動)、便秘が解消するといわれています。

­

便秘になるとお腹がぽっこりして苦しくなるだけでなく、吹き出物の原因にもなりますので、普段から積極的に「梅干し」を食べるようにしたいですね。

­

日本で古くから保存食として愛されてきた梅干しは、日持ちする食品としても知られていますよね。家族の健康と美容のために、毎日の食卓に並べてみてはいかがでしょうか。

­

<プロフィール>

大野えりか

コスメ薬事法管理者/コスメコンシェルジュ/美容ライター。コスメプラス代表

1986年東京都生まれ。美容雑誌の編集プロダクションを経て、化粧品メーカーでウェブコンテンツの企画、制作を担当。美容ライターに転身後は紙媒体とウェブ媒体での編集経験を活かし、テレビや雑誌、ウェブ等で活動を行う。現在は美容コラムの執筆のほか、薬事法アドバイザーとしても活躍している。

­

写真© gontabunta - Fotolia.com