ウイニングパットを決めて最高の笑顔でバンザイ!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 最終日◇27日◇利府ゴルフ倶楽部(6,534ヤード・パー72)>
 今年の「ヨネックスレディス」以来となる表純子と大山志保との対決となった「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」。表が新潟で敗れたリベンジを果たし、今季初勝利を手にした。
鉄人・表純子が優勝!ライブフォトで振り返る
 共に首位タイでスタートした最終日。表は4番で7メートルを沈めて、このホールでボギーを叩いたライバルに2打差をつけて単独首位に浮上。その後、大山に1打差まで迫られるが、17番でようやく2つ目のバーディを奪取。2位と3打差をつけると、最終18番は2オン2パットと危なげないゴルフでパーをセーブ。2013年の「ヨネックスレディス」以来となるツアー4勝目を挙げた。
 今週は自身の持つ連続試合出場記録が途絶えそうだった。寝違えによる背中痛で一時は棄権を考えた。優勝した今でこそ痛みも減り「勝てたしやめなくて良かった」と笑い話となっているが100%の力を発揮できない状態。それでもティグラウンドに立った。
 「プロになってなんとなくやめるわけにはいかないな(笑)」と思ったのが記録への第一歩。続けてきたことで周りから「もっと記録を伸ばして」と言われることもモチベーションにつながっている。
 ちなみに連続出場の秘訣は“たくさん寝ること”と“シーズン中に何もしないこと”。オフは走ったりサッカーをしたりとほぼ毎日体を動かしているが、開幕してからは何もしない。その分の時間を睡眠に充てることで体力を維持している。
 元々の体力がずば抜けることも記録につながっている。「若い選手と一緒に合宿に行っても私について来られないですから。遊ぶ体力も含めて負けないな、と(笑)」。
 もちろん体力だけではなく、実力が伴っていないと達成することはできない。シード権は当然としても、記録達成への最難関が「TOTOジャパンクラシック(昨年までミズノクラシック。出場権は富士通レディス終了時点で賞金ランク35位以内)」、「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(出場権はシーズン1勝以上、もしくは大王製紙エリエールレディス終了時に賞金ランク25位以内)」の2試合。表も今季の出場が危ぶまれていたが、今日の優勝で2試合とも出場できることとなった。「これでまた休めなくなりましたね(笑)」と冗談めかして喜んだ。
 18番のグリーンサイドには森田理香子ら岡本綾子門下の選手が駆けつけた。「みんなが応援してくれて本当に嬉しいのですが、“こんなおばさんに負けるな(笑)”とお尻を叩いてあげたいですね」。40歳を越えてなお、ツアーの最前線を走る姉さんの勇姿はきっと妹弟子たちに届いたはずだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>