欧州各地は本格的なサッカーシーズンの到来に沸いている。しかし、冬の寒さが厳しい北欧のフィンランドではまるでそれらとすれ違うように、リーグは佳境を迎えている。そんなフィンランドのヴァイッカウスリーガ(1部リーグ)で、現在、首位争いを続けるHJK(ヘルシンキ)を引っ張っているのが、前アルビレックス新潟のMF田中亜土夢(あとむ)である。

 田中は海外でのプレーを目指して、今年1月に移籍先が見つからないまま、強化指定時代を含めると10年在籍した新潟を退団。2月頭にヘルシンキと契約した。するとデビュー戦となったリーグカップでゴールを決めるなど好スタートを切り、そのまま名門HJKのトップ下に定着した。

 4月に開幕した12チームによる全33節のリーグは10月25日が最終節となるが、9月26日現在、HJKは首位のRoPS(ロヴァニエミ)から6ポイント差の3位につけており、田中はここまでチームトップの8ゴールを挙げている。

 9月10日には、ホームで4位のインテル・トゥルクに0−2と痛い敗戦を喫したが、田中は充実した表情でこう振り返った。

「負けられない試合が続くので、ホームでの負けは痛いですね。HJKを相手には、どこも(強豪相手に一泡吹かせようと)目の色を変えてくるので、どの試合も大変です。特にホームでは後ろをガッチリ固められてしまい、チャンスを決め切れないとこうなってしまう。それでも、いままでにないプレッシャーのなか、自分の好きなトップ下で使ってもらい、楽しくやっています」

 前半、一方的な展開で押し込んだHJKだったが、後半開始直後のプレーで相手にPKを与えた上に退場者を出した。チャンスの数では圧倒しながらもわずかな隙を突かれ、嫌な形で勝ち点を取りこぼした。

 続く13日のFFヤロ戦(ヤコブスタッド)では、田中に約2ヵ月ぶりのゴールが生まれたものの、アウェーながらドローに終わり4戦勝ちなし。それでも首位を争う3チームのなかで、HJKは1試合消化が少ないことを考えれば、優勝のチャンスはまだまだ残っている。

 昨季までリーグ6連覇、過去の優勝回数でも27回とHJKはフィンランドを代表する名門であり、「もしタイトルを逃せばそれこそ驚き」(地元記者)なのである。

 それにしても、なぜフィンランドなのか。9月10日のインテル・トゥルク戦で、自身の自伝本のPR活動のために古巣のスタジアムを訪れていたフィンランドの英雄ヤリ・リトマネンから(それぞれのチームでその試合で目立った活躍を見せた選手に贈られた)『リトマネン賞』をもらった田中だが、サッカーファンがフィンランドといって思い起こすことといえば、リトマネンの名前くらいではないだろうか。

 UEFAのリーグランキングでも37位と、お世辞にもリーグ自体のレベルが高いとは言えない。

「僕自身、フィンランドに対するイメージはまったくなかったですね。知っていたのは北欧ってくらいで、来る前に地図で場所を確認したくらいですから。正直、どんな場所で、どんなサッカーをするかも予想はつきませんでした。実際にプレーしてみても、Jリーグと比べてレベルが高いとは言えないと思います。ただ、チャンピオンズリーグ(CL)を含め、欧州のカップ戦に出場できる可能性があるチームなのでそれに賭けてみようと思ったんです」

 HJKは昨季、フィンランド王者として予選を勝ち抜きヨーロッパリーグ(EL)の本戦に出場した。しかし、今夏はCL、ELともに予選に出場しながら本大会を前に敗れている。CLでは予選2回戦でベンツピルス(ラトビア)に勝利したものの、3回戦でアスタナ(カザフスタン)に惜敗。EL予選プレーオフのクラスノダール(ロシア)戦では"敗者復活"を賭けたが、そこでも1−5と大敗した。

「CLのアスタナ戦はホームで0−0と引き分け、第2戦のアウェーでは一時2−0とリードしながらの逆転負け。しかもスコアは3−4で、自分が交代したあとのロスタイムで決勝点を決められたので、落ち込みは激しかったです。自分が最後まで出ていれば感情はまた違ったと思いますが、その夜は何回も最後の失点シーンを思い出しましたね。

 クラスノダール戦は、相手のレベルが高かったうえに、チーム全体としてCL敗退のショックを引きずっていた感があってかチンチンにやられました。自分の予定では今年いっぱいは欧州カップ戦を戦う予定だったので、その目標がなくなってしまったのは痛いです」

 フィンランドリーグで勝ち切れない試合が続いたのも、その間に欧州カップ(の予選)を戦ったことによる疲労、敗戦によるテンションの低下がパフォーマンスに影響していたのは確かだろう。欧州カップ戦出場への希望が絶たれただけに、田中は混戦のリーグだけは是が非でも優勝したいと話す。

「優勝できなければ、自分が目標としてきたことがひとつも達成できなくなってしまう。だから優勝してMVPを取りたいですね。得点王はトップが13点で少し難しいですが、10点は絶対に取りたいと思っています。というか、HJKはいまリーグ6連覇中で、もし優勝できなければ外国人選手として来ている僕の責任も大きいかなと思います」

 田中は「フィンランドの居心地はいい」が、「長くいてはいけない」とも言う。

「冬は新潟以上に寒いですが、治安もよく、街もきれいでヘルシンキは住みやすいですよ。ずっと海外生活に憧れていたし、最初に生活する地としてこれ以上の場所はないかもしれない。ただ、サッカーのレベルを考えたらやっぱりフィンランドにずっといちゃダメだなとも感じています。もちろん、今季優勝してまた来年も欧州カップ戦にトライする選択もありますが、ここをステップにしたい気持ちは強いです」

 実は8月までHJKにはもう1人の日本人、ハーフナー・マイクも所属していたが、オランダ(ADOデンハーグ)への移籍が決まりチームを離れている。

「来たときは『来週から行くから』と連絡してきて、次が決まったらすぐに行きました(笑)。でも、僕自身マイクと試合でコンビを組んだし、すごく感謝しているんです」

 リーグ優勝とMVP獲得となれば、こんどは自分が移籍する番だ。どこか行きたいリーグはあるのだろうか。

「やっぱりドイツは行ってみたいですけど、いまは日本人選手が多いので(笑)。今回フィンランドリーグは日本人初だったので、そういうのもいいかなと。だから、あえて日本人選手がまだ活躍できていない場所に行ってみるのもいいかもしれないですね」4

 A代表キャップこそないものの、そこで活躍することが日本代表につながるとの想いも忘れたわけではない。

「代表に入ってW杯に出るというのは、サッカー選手の夢ですよね。僕もU−20W杯を経験しているだけに、A代表でやりたい気持ちは持っていますよ」

 端正なマスクに少しシャイな性格は、一見すると海外で成功するタイプのスポーツ選手らしくないように見えるかもしれない。プレースタイルにしても、スピードや高さといったわかりやすい武器があるわけではない。だが、田中は黙々とプレーすることで結果を出し、確かな地位を築いてきた。

「いま思うと、もう少し若いうちに欧州に来ていたらという気持ちになりますね」

 退路を断って欧州に渡った元新潟の10番に、いまのところJリーグに戻る意思はない。ヘルシンキにとどまるにせよ移籍にするにせよ、彼の挑戦にはまだまだ続きがありそうな気配である。

栗原正夫●文 text by Kurihara Masao