なんだか髪が切れたりもつれたり、カラーが早く抜けたりしていませんか?これらの原因は夏に受けた紫外線ダメージがもたらしたものかもしれません。髪だけではなく頭皮にもダメージを与えているので、秋の大量の抜け毛の原因にもなります。

髪は真っ先に紫外線を浴びる場所

肌が日焼けするとヒリヒリしたり黒くなったりするので、日焼けのダメージがわかりやすく日焼け予防もしやすいのですが、髪の毛は日焼けしても気付きにくいですよね。でも上からの日差しを真っ先に浴びる場所でもあり、日本人の髪は黒いのでより日焼けをしやすいといえます。それなのに髪の紫外線ケアってしていない人が多いのも事実。秋頃にイメチェンをしに美容室に行ったら、髪と頭皮のダメージを説明されたりします。そのままにしておくと、冬の乾燥も重なって状況が最悪になる場合もあるのでいまからケアを念入りにする必要があるのです。

頭皮も日焼けのダメージを受けている

頭皮は自分で見る機会が少ないので、かゆくなったり抜け毛が増えてから異変に気付くことが多いもの。頭皮も日焼けしているので黒くなりますし、赤くなったり、乾燥したりとよく観察すると可哀想なことになっています。髪は頭皮で作られますから、頭皮が弱れば抜け毛が増えるのも当然。髪と一緒に頭皮ケアをすることも大切です。

頭皮と髪にタンパク質を補ってあげて

髪はタンパク質からできています。内と外からタンパク質を補給して、しっかりケアをしてあげることで健康な頭髪を取り戻せます。外からの修復は髪の主成分であるケラチン(L-システイン)が配合されたトリートメントで集中ケアをするのもおすすめ。洗い流さないトリートメントで水分が減り過ぎるのを抑えるのも効果的です。次に生え変わる髪が健康になるように、頭皮のマッサージや水分補給、栄養を摂ることも大切。入浴の際にはぬるめのお湯で洗髪し、頭皮マッサージのあとの蒸タオルで血行を良くしましょう。毛髪にも生え変わりのサイクルがあるので、すぐに効果が出なくても次に生えてくる髪が美しくなるイメージで頑張りましょう!


writer:しゃけごはん