<アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 最終日◇27日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,101ヤード・パー70)>
 アジアンツアーとの共催大会の『アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ』最終日。全選手がハーフターンを終え、3日目首位に立ったキム・キョンテ(韓国)は前半1バーディ・ノーボギーでラウンド、トータル8アンダーに伸ばし首位をキープ、後半へ入った。
ここまで国内ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 2打差のトータル6アンダー2位には前半で3つ伸ばした武藤俊憲。続くトータル5アンダー3位には池田勇太がつける。さらにトータル4アンダーの4位にはプラヤド・マークセン(タイ)がつけ、トータル3アンダー5位タイには片山晋呉、小平智、松村道央、高山忠洋、稲森佑貴、スコット・ストレンジ(オーストラリア)が並ぶ。
 また、前日8位タイに浮上した石川遼は、この日(ノーバーディ)3ボギー・2ダブルボギーと大きく崩しトータル5オーバーの52位タイに後退した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>