加藤浩次 初対面だったおぎやはぎに激怒「ナメてんじゃねえぞ!」

写真拡大

27日放送の「オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」(MBSラジオ)で、加藤浩次が、初対面のおぎやはぎに激怒した過去を告白した。

この日の放送で、加藤はおぎやはぎと出会ったきっかけを明かしていた。当時のおぎやはぎはサラリーマンを辞めてお笑い芸人を目指していたころで、まだ所属事務所すら決まっていない状態だったとか。

加藤がアルバイトしていた飲食店の同僚が矢作の先輩で、今後の相談に乗ってやって欲しいとお願いされたため、バイト先で会うことになったそうだ。

おぎやはぎに会った加藤は、さっそく「どういう笑いをやりたいの?」と問いかけた。しかし、ふたりは「どういう笑いをやりたいとか、ボクら別にないんですよね〜」と答えただけだった。加藤がとんねるずやダウンタウンの名を挙げて再度尋ねるも、おぎやはぎは「いや、そういうんじゃないんですよねぇ」と要領を得ない。

こうしたやり取りが続く中、酒量が増えたことも手伝って加藤はついに激怒し「てめぇら、ナメてんじゃねえぞ!この野郎!」と初対面のおぎやはぎを怒鳴りつけたそうだ。

加藤の尋常ではない様子に、友人がすぐ止めに入ったそうだが、こうした出会いだったにもかかわらず、加藤とおぎやはぎの仲は現在良好だという。

【関連記事】
おぎやはぎが極楽とんぼのコンビ再会に号泣した理由を明かす
おぎやはぎの小木博明が加藤浩次に嫌われていた過去を暴露「オレを潰そうと」
加藤浩次の寝坊を矢作兼が証言「この人、病気なんじゃないかと思った」