2点差を追いつき引き分けに持ち込んだチェルシー【写真:Getty Images】

写真拡大

【ニューカッスル 2-2 チェルシー プレミアリーグ 第7節】

 イングランド・プレミアリーグ第7節が現地時間の26日行なわれ、チェルシーはアウェイでニューカッスルと対戦した。

 第6節を終わって15位と低迷するチェルシーだが、ニューカッスルもここまで未勝利と深刻な不振に陥っている。前半はお互いにチャンスを決めきれない展開が続く。しかし、42分にアジョセがロングフィードを芸術的なトラップで落として強烈なシュートを叩き込み先制する。

 後半にもワイナルドゥムが追加点を奪い、この日も敗北を喫するかと思われたチェルシー。しかし、終盤に底力を見せる。79分にラミレス、86分にウィリアンが立て続けにゴールを決めて何とか2-2のドローに持ち込んだ。それでも、順位は暫定16位に転落。ここまで“モウリーニョ監督の3年目”というジンクスを崩せずに低迷している。

【リバプール 3-2 アストン・ヴィラ プレミアリーグ 第7節】

 一方のリバプールは前節負傷から復帰したFWスターリッジの活躍で、アストン・ヴィラとの乱打戦を制している。

 試合開始早々の2分、MFミルナーがミドルシュートを決めて先制する。さらには58分、FWスターリッジがミルナーとのワンツーから抜けだして今季初ゴールを決めた。その後、1点を返されるも67分に再びスターリッジが突き放す。今度はコウチーニョとのワンツーで完全にDFを抜き去り、この日2点目となるゴールを決めた。

 アストン・ヴィラは71分にも1点を返すも、反撃もここまで。そのまま3-2でリバプールが勝利を収めた。

text by 編集部