体中に張り巡らされた経絡とツボ ISphoto/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 「"ツボ"をはずした質問」といえば的外れな質問、「まんまと思う"ツボ"にはまった」といえば、ドンピシャと計略にひっかかった――。

 日本人なら、だれでも知っている「ツボ」。そして、この「ツボ」が、もともとは指圧やお灸をする体の"ポイント"だということも、日本人の多くが知っているだろう。

 胃痛や頭痛、腰痛など、それぞれに効果をもたらすツボを押すと、スーッと不調が消えて快適になる。それは数センチずれてもダメで、まさにその一点を刺激すると効く。だからこそ、「ツボをはずす」「ツボにはまる」などの表現は言い得て妙なのだ。

 だが、どうして「ツボ」が効くのか? となると首を傾げる人は少なくない。

「鍼灸療法」が有効性を認めWHOがツボを認定

 東洋医学によると、ヒトの体内には「経絡(けいらく)」という「気血(エネルギー)」の通り道が張りめぐらされている。それは12本あるとされ、体内を縦横に走る様は、解剖図の血管のようでもある。

 経絡はあくまでも気血の通り道である。この経絡上に、サービスエリアのように点在するのが「経穴(けいけつ)」で、これがツボと呼ばれるもの。体表にあるツボを刺激すると、体の奥にある内臓などの状態が改善するのは、経絡でつながっているからだと考えられている。

 血管や神経と違い、解剖しても経絡やツボは目に見えない。おまじないや民間療法のたぐいだと思う人もいるかもしれないが、明治時代以降、科学的な解明が進んでいる。

 たとえば京都大学理学部からは、皮膚の中には電気が通りやすいポイントがあり、それがツボとほぼ一致するという研究結果。さらに21世紀に入り、WHO(世界保健機関)は、神経痛や頭痛、リウマチ、胃腸炎、めまい、眼精疲労などの症状にツボを刺激する「鍼灸療法」が有効であること認めた。

 さらに、アジア各国でまちまちだったツボの位置を361カ所にまとめた。WHOのお墨付きが与えられたわけだ。

 最近の研究によると、ツボはおそらく原始時代から知られており、石器などで「ここを押したら、あそこの調子がよくなった」という経験が蓄積されて、古代中国で体系づけられたのだろうという。

 もちろん、それ以来の経験も蓄積されており、相当の"ビックデータ"を基にツボは確定されているのである。

風邪予防にはツボをドライヤーで温める

 それでは、手軽に押すことができ毎日役立つツボをいくつか紹介しよう。指先で軽く押して、「気持ちいい」「ちょっと痛いけど気持ちいい」というポイントがツボである。

 まずは、眼精疲労。目頭と鼻の間の「晴明(せいめい)」と、そのやや上、眉毛の内側のくぼみ「攅竹(さんちく)」がよい。目が疲れると無意識に親指と人差し指でつまんでいるところだからわかりやすい。

 また、こめかみからやや目じり寄りの「太陽」は"眼科ごろし"の異名があるほどの必殺ポイント。目の奥に痛みがあるような場合にも効く。さらに、頭痛、不眠症、風邪にもよく、記憶力も増進するというほどの万能ツボだ。

 また、風邪の引き始めにはツボを温めるとよい。たとえば、頭から首が始まるあたり、首の中心から左右に3cmくらい離れた2点「風池(ふうち)」。そして、首が肩と交わるあたりのやはり中心から左右に3cmずつ離れた「風門(ふうもん)」。この2つを温めるとよい。

 首の上端と下端なので、襟巻きをするのもよいし、ドライヤーで首を温めても寒気がとれる。「風門」のやや下の首骨と背骨の境目あたりの「大椎(だいつい)」も風邪のツボだ。このときは、やや下までも温めるのがコツ。「風門」「大椎」のあたりを覆うようにカイロを貼ってもいい。

 私たちの祖先が蓄積してきた、経験に基づく「知恵」をおおいに活用しない手はない。
(文=編集部)