メインストリームで「自分」を表現するためには、HACKマインドが欠かせない:CHA第1回グランプリ、山田智和

写真拡大

ライゾマティクス代表・齋藤精一がクリエイティヴディレクターを務めた「toon WORKSHOP」のプロモーションヴィデオ、サカナクションが3.11に呼応してつくりあげた「years」のミュージックヴィデオ、さらにはオムニバス映画『TOKYO GIRLS』への参加…。『WIRED』が主宰するCREATIVE HACK AWARDの記念すべき第1回のグランプリ受賞者=山田智和(映像作家)の活動は、至って順調のようだ。そんな彼に受賞後から現在までの変化を訊いた。

「メインストリームで「自分」を表現するためには、HACKマインドが欠かせない:CHA第1回グランプリ、山田智和」の写真・リンク付きの記事はこちら

【応募期間延長決定!最終締切は10月7日正午】CREATIVE HACK AWARD 2015

グラフィックや動画、3Dプロダクトから企画書まで。新しい世界をつくる新しい発想を「ビジネス」に転換させるチャンスを『WIRED』が用意しました。締め切りは2015年10月7日(水)。エントリーおよび作品応募はエントリーページにて受け付けています。審査員からのメッセージなどの関連記事はこちらで読めるほか、CREATIVE HACK AWARDのFacebookページTwitterでも、最新情報をお伝えしています。

──まず、どのような経緯でサカナクションのミュージックヴィデオを監督することになったのか教えてください。

カップリング & リミックス集『懐かしい月は新しい月 〜 Coupling & Remix works〜』をリリースするにあたって、いままでMVがなかったいくつかの曲にMVをつけることになり、「years」のMVをぼくが監督をすることになったんです。

以前、水曜日のカンパネルラの「ナポレオン」という曲のMVを担当したのですが、それを(サカナクションのフロントマンである)山口一郎さんが観てくれていたみたいで、ビクターにぼくを提案してくれたんです。山口さんからは、「自由に、思いっきりやって欲しい」と言われました。

「years」という曲には東日本大震災直後の不安が内包されているので、曲の成り立ちを大切にしつつ、それを2015年の東京の風景の中で表現したいという提案をしたところ、一発で通りました。山口さん自身がアーティストなので、作家に対するリスペクトがものすごくあるんです。

──人気バンドのMVを手がけたということで、一気に知名度が上がったのでは?

一般的な知名度はないと思いますが(笑)、おかげさまでいろいろなメディアに取材をしていただきましたので、映像や広告の業界内での認知度は上がったかもしれません。ただぼくとしては、業界での認知度が上がったことよりも、メジャーな領域でも自分の作家性を担保できたことが収穫だと思っています。

つまり今回も、CREATIVE HACK AWARDでグランプリをいただいた「47 Seconds」をつくったころと、変わらないやり方を貫けました。自分のつくりたいものをつくって、それが評価されて、規模が少しずつ大きくなってきている。以前にインタビューを受けたときと比べると、Vコン担当だったのがテレビCMの監督になって、インディーズバンドのMVだったのがメジャーバンドになって…というだけで、やっていること自体は変わっていないと思っています。この「やり続けること」がいちばん難しくて、今後規模が大きくなればなるほど、難しくなるのかもしれないなと思っています。

──業界の常識や慣習を破っていきたいと。

ルールを破りたいわけではないのですが、ルールを変えていきたいという気持ちは確かにあります。ただ、ルールのなかでどうクリエイティヴを発揮していくかということも、同じくらい重要だと思っています。奇をてらうとかルールを破ることは、安易な解決策なんじゃないかと。それは、齋藤(精一)さんと一緒にお仕事をさせていただいて改めて思いました。齋藤さんたちライゾマティクスがやっていることって、ものすごくスマートですよね。すごく新しいけれど、メインストリームにいるという。こういうクリエイティヴもあるんだなと、気づかされました。

──変形するヘッドフォン「toon WORKSHOP」のプロモーションヴィデオの件ですね。齋藤さんは、山田さんがグランプリを受賞した際の審査員でもありました。

実は受賞後、何度かライゾマティクスさんからお声がけいただいたのですが、スケジュールが合わなかったりしてご一緒する機会がなかったんです。でも今回は齋藤さんから直接ご指名をいただき、監督させていただきました。すごくマニアックな製品ということもあり、とにかくカッコイイ映像をつくろうということで、クリエイティヴディレクターを務めた齋藤さん以下、短い期間で集中してみんなでつくりました。ぼく自身は、齋藤さんに導いていただきつつ、自由にやらせていただきました。あと、大友克洋さん親子や元2ch管理人のひろゆきさんなど、尊敬する方々を撮影できたことも印象に残っています。

ほかのクリエイティヴ系のアワードだと、賞をもらったとしてもそれっきりなことが多いのだと思いますが、ぼく自身は、こうやって審査員の方とその後もお仕事をさせていただいたり、「HACK TOUR」にカメラマンとして同行させていただいたりしているので、CREATIVE HACK AWARDには本当に感謝しています。なにより、こうして定期的にインタヴューなどを介して近況をご報告できるのが、個人的にはとてもありがたいと感じています。

──今後のヴィジョンを教えてください。やはり、海外進出は視野に入れているでしょうか?

いずれ目指すかもしれませんが、いまは、オリンピックに向けてダイナミックに変わりゆく東京の姿を記録することにフォーカスしています。サカナクションのMVも、個人的なプロジェクトとして撮っている東京マラソンも、「東京の変わりつつある姿をカメラに収めたい」という欲望から生まれたものだといって間違いありません。

ただ、東京はとにかく撮りづらいです。例えば渋谷駅周辺は、かなり広範囲で撮影が本当はできなかったりする。タイムズスクエア周辺だって平気で撮影できるアメリカと比べると、フラストレーションがたまりますね。

そういった意味でどんどんと大きい方へ視野を向けていかなければ、行き詰まってしまうことが目に見えています。そういった意味で東京にこだわるところと、そうでないところの差がはっきりと出来てきています。

ただやはり、純粋に映像をつくるという視点でみると、いまの日本の状況はなかなか面白いのではないかと思っています。例えば邦画の公開本数は、実は今年が過去最多らしいんです。実際、参加させていただいたオムニバス映画『TOKYO CITY GIRL』も、全国5カ所くらいで上映されるみたいですし。やりたい熱量をもっている人が報われる状況に、なってきているのかもしれません。

──その一方で、スマートフォンや電車内のスクリーンなど、「短い動画」が好まれる傾向がどんどん強まっていますね。

コンテンツは増えているけれど、良質なコンテンツの数は変わっていませんから…。受け手にせよコンテンツにせよ、短い尺にしか耐えられないようになってしまうのは非常に残念に思います。そういえば、ある人気グループのMVは、たくさんのカメラを用意して細かいカット割りを重ねていくつくりが多いのですが、個人的にはそれがかっこいいとは思えず、そのグループ自体にも興味がもてませんでした。ある日たまたまそのグループのステージを観たのですが、パフォーマンスはものすごい迫力で驚いたんです。そのとき改めて、1つひとつのカットがもつ強度というのは、細かいカット割りの積み重ねでは決して表現できないものだと認識しました。カットを割る意味を考える前に、割る事が自体が前提のような映像が蔓延してる結果だと思います。

──ドローンについてはどう思っていますか?

ドローンの取り巻く環境は法整備などが進むに連れて、また改善されていくと思いますが、現状はコンプライアンスの観点からかなり厳しい立場に置かれていますよね。ドローンによる映像表現自体は、昨年、OK Goの「I Won’t Let You Down」によって終わったと思います。ドローンを使って「ドローンだ」と思われたら、その映像はもはやドローン映像でしかないので…。鳥の目線として一瞬入れ込んだり、ドキュメンタリーや記録映像の手法としてはありだと思いますが、オリジナリティという意味ではなかなか難しいと思います。

テクノロジーの進化はもちろんありがたいですし、ぼく自身それをたっぷりと享受していますが、「自分がつくりたいものを純粋につくり続けていく」ためには、技術に頼るのではなく、HACKするマインドが常に不可欠だと思います。それも、必然的にHACKしているのが理想だと思います。「HACKすること」が目的になったり、それにとらわれてしまうと、それこそ小手先や安易な解決策になってしまいかねません。そうではなく、「やりたいことをやり、その結果既成概念をHACKしていた」という状況が、これからのクリエイティヴにいちばん大切なことだと思います。

サカナクションのミュージックヴィデオ「years」の撮影風景。ロケ撮影を得意とする山田だが、現場では不測の事態に見舞われることが常だという。素早くコンテを修正したり、その場でプレビュー用のカッティングをする際には、CREATIVE HACK AWARD 2013グランプリ受賞の副賞として得た、Windows搭載の液晶ペンタブレットCintiq Companionが威力を発揮するという。

CREATIVE HACK AWARD 2015最新情報

TAG

CintiqCreative Hack AwardHacktoon WORKSHOPWacom