エボラ出血熱よりも怖い「人食いバクテリア」 日本でも増加

ざっくり言うと

  • 「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌の感染症が、日本で増えているという
  • 感染が悪化していくと症状は急激に進み、発病数十時間で亡くなることもある
  • 傷などから血液や筋肉に菌が入り込むことで、急激に全身状態が悪化するそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング